[iPad] Documents by Readdleの使い方:ファイルを整理・検索する方法。

AppBank の主任です。無料のファイル管理アプリでは最強とも言える機能・使い勝手を持つ、Documents by Readdle の使い方をご紹介します。

Documents by Readdle


今回はファイルの管理・整理術です。ファイルをフォルダで整理したり、ファイルを検索する方法を詳しくご紹介します。

ドラッグ&ドロップでファイルを直接整理できるだけでなく、フォルダや複数のファイルをまとめて ZIP 形式に圧縮できます。

検索機能ではファイル名で検索できるほか、ファイルに含まれる「文章」から目的のファイルを検索することも可能です。

アプリの機能をおおまかにご紹介したレビュー記事はこちらです。
[iPad] Documents by Readdle: 無料のファイル管理アプリでは最強!PDF注釈/Dropbox同期もOK!

フォルダを作ってファイルを入れる

まずフォルダを作成します。【Edit】をタップ。

Documents by Readdle


【Create Folder】をタップし、フォルダの名前を決めます。

Documents by Readdle


移動したいファイルをタップして選び、【Move】をタップ。【Copy】をタップするとファイルを複製します。

Documents by Readdle


移動先を選びます。iPad 内を移動する場合は【Documents】をタップし、目的のフォルダをタップします。

Documents by Readdle


【Move】をタップすると移動します。

Documents by Readdle


1つのファイルをフォルダに移動する方法

移動したいファイルをタップしたまま、移動先のフォルダまで動かして指を離します。

Documents by Readdle


ファイル・フォルダを圧縮する

【Edit】をタップします。

Documents by Readdle


圧縮したいファイル・フォルダをタップして選び、【Zip】をタップします。

Documents by Readdle


圧縮ファイルが作成されます。ファイル名を変えたい時は再び【Edit】をタップ。

Documents by Readdle


ファイル名を変えたい ZIP ファイルを選び、【Rename】でファイル名を変更します。

Documents by Readdle


ファイルを検索する

虫眼鏡のボタンをタップします。

Documents by Readdle


「Search」に検索キーワードを入力します。隣の【Contents】【File names】で検索の対象を指定します。

Documents by Readdle


【Contents】がファイルの内容、【File names】がファイル名が検索の対象になります。いずれもフォルダは検索できません。

初めて【Contents】をタップすると「ファイルのインデックスを作成する必要がある」と表示されます。【Enable】をタップしましょう。

Documents by Readdle


さらに Microsoft Office や HTML ファイルの内容も検索できるようにしたい場合は、歯車のボタンをタップ。

Documents by Readdle


【General】の【Office Documents Search】をオンに切り替えます。

Documents by Readdle


ただ、小生が試した限りでは上記設定をオンにしても、Microsoft Office や iWorks 系のソフトで作成した書類は検索できませんでした。

おすすめ iPhone アプリ
Documents by Readdle ・開発: Readdle
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 23.6 MB
・バージョン: 4.0

こちらの使い方記事もどうぞ!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!