[iPad] Documents by Readdleの使い方: 使う上で必ずチェックしておきたい設定項目

AppBank の主任です。無料のファイル管理アプリでは最強とも言える機能・使い勝手を持つ、Documents by Readdle の使い方をご紹介します。

Documents by Readdle


今回は一度はチェックしておきたい Documents by Readdle の設定をご紹介します。

例えば、勝手にアプリを開けないようにする「パスワードロック」を設定したり、PDF のページをめくる時の方向も変えられます。

さらには内蔵ブラウザのユーザーエージェントを変えれば PC や Mac から閲覧しているように見せかけることも可能です。

アプリの機能をおおまかにご紹介したレビュー記事はこちらです。
[iPad] Documents by Readdle: 無料のファイル管理アプリでは最強!PDF注釈/Dropbox同期もOK!

パスワードを設定する

歯車ボタンをタップします。

Documents by Readdle


【General】をタップして「Passkey Lock」をオンにします。

Documents by Readdle


アプリを閉じてすぐにロックしたい時は【Require Immediately】をオンにします。

Documents by Readdle


次にパスワードを設定します。「Passkey」と「Confirm」に同じ内容を入力します。パスワードを忘れても復元はできないので要注意!

Documents by Readdle


次回からアプリを開くと、このようなパスコード入力画面が現れます。

Documents by Readdle


なお、Documents by Readdle のパスワードロックを設定しても、設定アプリで iPad にパスコードロックを設定していなければ、第三者がその iPad を iTunes に接続することでファイルを閲覧・コピーすることはできてしまいます。

ファイルを暗号化する

iOS の暗号化領域にファイルを保管することで、iPad をパスコードでロックしている間はファイルが暗号化されます。

したがって iPad にパスコードロックの設定が施されていないと効果はありません。パスコードロックは設定アプリの【一般】▶【パスコードロック】で設定できます。

アプリを開き、歯車ボタンをタップします。

Documents by Readdle


【General】をタップして「iOS Data Protection」をオンにします。

Documents by Readdle


この設定をオンにした上で iPad をロックすると、Dropbox などのオンラインストレージサービスとの自動同期は行われなくなります。

PDFの表示設定を変える

アプリを開き、歯車ボタンをタップします。

Documents by Readdle


【PDF】をタップします。

「Scroll PDF pages」を【Vertically】にすると縦スクロール、「PDF lowest page zoom fits to」を【Whole page】にすると自由に拡大縮小ができるようになります。

Documents by Readdle


ユーザーエージェントを変える

内蔵ブラウザのユーザーエージェントを変えることで、iPad からではなく、Windows や Mac のブラウザからアクセスしているように見せかけられます。

アプリを開き、歯車ボタンをタップします。

Documents by Readdle


【Browser】をタップして【iPad Safari Mobile】をタップ。

Documents by Readdle


ユーザーエージェントが選べます(初期設定は「iPad Safari Mobile」です)。

Documents by Readdle


PHPやCSSファイルなどを編集可能にする

初期設定のままでは PHP や CSS ファイルなどは閲覧できるだけで編集はできません。設定を変えることで編集可能になります。

アプリを開き、歯車ボタンをタップします。

Documents by Readdle


【Viewer】をタップして「Open source code in editor」をオンにします。

Documents by Readdle


おすすめ iPhone アプリ
Documents by Readdle ・開発: Readdle
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ビジネス
・容量: 23.6 MB
・バージョン: 4.0

こちらの使い方記事もどうぞ!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!