Apple、米ネバダ州で新たなiCloudデータセンターの建設を開始。

AppBank の主任です。

AppleInsider が、アメリカ・ネバダ州リノで新たな iCloud データセンターの建設が始まった、と報じています。

iCloud データセンターとは、Apple が運営するサーバが保管されている場所。App Store/iTunes Store の運営・管理が行われているほか、iCloud や Apple ID に関するデータの保管・処理も行われているとされています。

さらに iMessage や Siri の音声の処理も、この iCloud データセンターで行われていると考えられます。

現在、iCloud データセンターはすべてアメリカ国内にあり、ノースカロライナに建設済み。オレゴンにも iCloud データセンターを建設中です。

iCloudデータセンターを増やす理由とは?

Apple はアメリカ国内に3つ、iCloud 開始以前から運営していたデータセンターを含めると合計4つのデータセンターを持とうとしています。

なぜ Apple はデータセンターを増やすのでしょうか?

その理由としては、急速に増える iTunes Store/App Store、さらにiCloud や Siri の利用者から要求された処理を迅速にこなすためと考えられます。データセンターが増えれば、その分だけ処理する能力が増えます。

増築やサーバの増設ではなく、離れた地域にデータセンターを新規建設するのは天候・災害による影響を受けにくくする対策とも考えられます。

既に排水設備を整備、建物の工事も始まる

Apple が関係機関に提出した資料によれば、ネバダ州リノに建設される iCloud データセンターの建設費用は合計で16億円以上になります。

建設場所は荒野といっても過言ではないところ。ちなみにネバダ州リノの気候は、夏期の最高気温は東京とほぼ同じ30度〜34度ほどですが、湿度は10%前後です。

iCloudデータセンター


(画像引用元:Exclusive: First large structures going up at Apple's Reno iCloud data center – AppleInsider)

AppleInsider によれば、排水設備の建設はすでに終了。こうした設備を設けるのは、長期に渡って運営されるデータセンターの特徴としています。

iCloudデータセンター


(画像引用元:Exclusive: First large structures going up at Apple's Reno iCloud data center – AppleInsider)

メインとなる建物の工事も始まったようです。

iCloudデータセンター


(画像引用元:Exclusive: First large structures going up at Apple's Reno iCloud data center – AppleInsider)

オレゴンの iCloud データセンターの建設は昨年10月にスタートしており、9ヶ月ほどが経過した現在でも完成したとの報道はないようです。

となると、ネバダの iCloud データセンターも完成までにオレゴンと同等か、それ以上の日数を要するかもしれません。

参考(参考)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!