Apple、Kinectの3Dセンサー技術を開発したイスラエル企業を買収か。

AppBank の主任です。

イスラエルの地元紙 Calcalist が、Apple は PrimeSense を2億8,000万ドルで買収しようとしていると報じています。

PrimeSense は Xbox 360 の「Kinect」の元になった技術を開発しています。

Kinect は人の動きでゲームの操作ができるコントローラです。カメラで人の動きを検知して内蔵チップで瞬時に処理、Xbox に結果を送ります。

当初はゲーム向けと思われていましたが、PC に繋いで操作に利用するといったハックも行われるなど、3D センサーの可能性を世に知らしめた製品でもあります。

このほか、ルンバでおなじみの iRobot が Ava というプラットフォームに PrimeSense の技術を採用しています。

センサー技術をApple製品に組み込む?

Apple は Apple TV に PrimeSense の技術を組み込むかもしれません。

地元紙の Calcalist は、Apple TV に組み込むことで、テレビゲーム分野への本格的な参入・ジェスチャーによる操作で Apple TV の操作性を改善すると予想しています。

Appleはイスラエル企業からのリクルートを強化中か

さらに Calcalist は、Apple がイスラエルでの活動を強化していると報じています。

昨年には約4億ドルでフラッシュメモリの制御チップを開発する企業を買収したほか、3つの開発センターで300〜400人ほどの従業員が働いているとされています。

これらの開発センターでは A シリーズプロセッサの開発が行われているほか、今後あらたに設置される開発センターでは無線通信技術の研究開発が行われるようです。

こうした活動を行っているのは Apple だけでなく、サムスン・ソニーも同様の活動をイスラエルで展開している、と Calcalist は報じています。

なぜAppleはイスラエルに注目するのか?

Apple やサムスン・ソニーといった企業がイスラエルに注目するのは、魅力的なスタートアップ企業が多いからかもしれません。

産官学連携ジャーナル 2011年7月号によれば、イスラエルは2つの要素を持っているために魅力的な技術を持つ企業が多いようです。

1つは教育。ユダヤ人の歴史的背景から、積極的に教育へ投資しているとされています。

もう1つはイスラエル国防軍。国防軍の情報技術のレベルは高く、徴兵制で入隊した人材や選抜された優秀な人材がそうしたスキルを身に付けた上で除隊するため、民間でその能力を活かして企業を立ち上げることが多いとされています。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!