次期iPad miniはA6搭載・非Retina? SDKから情報が見つかる。

AppBank の主任です。

9to5Mac によると iOS 7 の開発キットに含まれるファイルから、第二世代 iPad mini と思われる機種の情報が見つかりました。

第二世代 iPad mini の情報と思われる根拠は、機種を識別する ID です。

Apple は内部向けに Apple 製品に ID を割り振っており、現行の iPad mini に割り振られているのは「iPad2,5」「iPad2,6」「iPad2,7」です。

今回見つかったのは「iPad2,8」「iPad2,9」「iPad2,10」という ID で、第二世代 iPad mini を指す可能性があります。

iPad mini


(画像引用元:Apple has A6-based iPad mini without Retina display in the works | 9to5Mac

3つの ID がある理由は、現行の iPad mini と同じく、Wi-Fi 版と2つの Wi-Fi+Cellular 版があるからではないかと考えられています。

A6搭載の根拠は?

上記画像の「Platform」に注目して頂くと分かりますが、そこには「s5l8950x」という文字列があります。

これはプロセッサの種類を示すコードと考えられており、9to5Mac によれば iPhone 5 が搭載している A6 プロセッサ(S5L8950X)と同じ文字列です。

Retina Display非搭載の根拠は?

9to5Mac は、Retina Display を搭載した iPhone/iPad にある「@2x」コードが「iPad2,8」「iPad2,9」「iPad2,10」には用意されていないことを根拠としています。

Retina Display を搭載したデバイスでは、アプリに含まれる画像のうちファイル名に「@2x」が付いたファイルを優先して読み込みます。

こうすることで Retina Display 搭載デバイスでは高解像度な画像を、非 Retina Displa 搭載デバイスでは低解像度な画像を表示させられます。

したがって、この「@2x」コードが用意されていないという事は、そのデバイスの液晶は Retina Display ではないと考えられます。

発売はクリスマス商戦前か

これまでの噂では、液晶は従来通りでプロセッサを A6 に変更、より薄く・軽くなった第二世代 iPad mini がクリスマス商戦前に発売されると言われています。

一方で Retina Display を搭載した第3世代 iPad mini は、2014年の早い時期に発売と予想されています。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!