iPhone 5s/5cの稼働時間が長いのは「バッテリ容量増加」のおかげ?

AppBank の主任です。

AnandTech が、iPhone 5s と iPhone 5c のバッテリ容量は iPhone 5 よりも多いかもしれない、と報じています。

消費電力が同じであれば、バッテリの容量が多いほど稼働時間が長くなります。

AnandTech によると、iPhone 5s/5c のバッテリ容量は以下の通りになります。

機種 iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5
バッテリ容量(Whr) 5.96 5.73 5.45
バッテリ容量(mAh) 〜1,570 〜1,507 1,440
電圧(名目・V) 3.8

iPhone 5 と比べると、iPhone 5s は約 10%・iPhone 5c は約 5% 増えています。

バッテリ容量増加の根拠

根拠となっているのは FCC が公開している iPhone 5s/5c の資料です。

FCC は米連邦通信委員会の略称で、国内で使用される通信機器の認可も行っています。

iPhone 5s/5c もアメリカ国内で無線通信を行うには FCC の認可が必要。Apple は FCC に対して認可申請を行い、iPhone 5s/5c の仕様を資料として提出しています。

ただ、AnandTech によると、FCC の資料は不正確なこともあるようなので、iPhone 5s/5c が実際に分解されるまで容量は確定できません。

ちなみに、iPhone 5s 発表前からバッテリ容量の増加は噂されていました。

iPhone 5SのサイズはiPhone 5と同じか。重量・バッテリ容量は増加?

容量の増加が稼働時間を延ばしている?

現に iPhone 5s/5c と iPhone 5 のバッテリ稼働時間を比べてみると、一部の使用条件では稼働時間が延びています。

機種 iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5
通話時間(3G) 最大10時間 最大8時間
連続待受時間 最大250時間 最大225時間
インターネット利用(3G) 最大8時間 最大8時間
インターネット利用(LTE) 最大10時間 最大8時間
インターネット利用(Wi-Fi) 最大10時間 最大10時間
ビデオ再生 最大10時間 最大10時間
オーディオ再生 最大40時間 最大40時間

iPhone 5 よりも長いのは「通話時間」「連続待受時間」と「LTE でのインターネット利用」の3項目。他は iPhone 5 と同じです。何故でしょうか?

第一に、iPhone 5s/5c では LTE 通信・3G 通話に利用するチップが iPhone 5 のものよりも省電力になっている可能性が考えられます。

第二に、iOS 7 でさらに処理の最適化が行われている可能性が考えられますが、iPhone 4s の稼働時間などを見る限り、この変更点の影響は少ないのかもしれません。

バッテリ容量の増加だけでなく上記の変更も影響して、iPhone 5s/5c のバッテリ稼働時間が伸びているのではないかと思われます。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!