発売前のiPhone 5s/5c、プロセッサの速度とシステムメモリ容量が判明。

AppBank の主任です。

Macお宝鑑定団が、発売前の iPhone 5s・iPhone 5c のプロセッサとメモリに関する情報を報じています。

記事によると、iPhone 5s/5c で iPhone の性能を計測するアプリ「Geekbench 3」を起動し、プロセッサ・メモリの情報を確認したようです。

iPhone 5/5s/5c比較表

機種 iPhone 5s iPhone 5c iPhone 5
プロセッサ A7(64bit) A6(32bit)
動作速度 最大1.3GHz 最大1.25GHz 最大1.3GHz
L1 キャッシュ 64KB 32KB
L2 キャッシュ 1MB
システムメモリ 1GB

プロセッサとその動作速度以外で判明している違いは「L1 キャッシュ」の容量。「1次キャッシュ」とも呼ばれるメモリです。

データの読み書き速度が高速なので、計算に使うデータを一時的に保管します。すると低速なシステムメモリにアクセスする頻度が減らせるので、処理が高速になります。

システムメモリが iPhone 5 から増えていない点が気になりますが、iPhone 5s ではメモリの読み書きの速度が向上しているとの噂があります。

搭載するメモリを増やせば容量も消費電力も増えます。また、噂では iOS 7 でメモリの使い方が改善されているようです。これらを考慮して現状維持となったのかもしれません。

アプリによる性能計測の結果

このほかに Macお宝鑑定団は iPhone の性能を計測できる、3種類のベンチマークアプリを使ってテストを行っています。

CPU の処理能力・グラフィック描画能力のほか、ウェブブラウザから利用するサービスで多用される JavaScript の動作速度も計測しています。

その結果によると iPhone 5 と比べて iPhone 5c はそれ以下から1.2倍、iPhone 5s は1.3〜2.2倍の成績を記録したようです。

この結果が正しければ、iPhone 5 よりも高性能な iPhone を求める場合には iPhone 5c よりも iPhone 5s が最適と言えそうです。

詳しくは Macお宝鑑定団の記事をご覧ください。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!