【iOS 7】AirDropでデータの受け渡しがラクに!iPhoneとiPadの連携もガツンとアップ!

難しい設定なしで何人とでも、いくつでもまとめてデータをやり取りできる機能「AirDrop」が実装されました!

ios7photoairdrop - 3
ios7photoairdrop - 2


iOS7になって搭載された機能「AirDrop」、これはまさに神機能!1枚ずつ送るしかなかった写真をまとめて、しかも複数人と共有できるんです。

iPhone同士だけではなく、iPhoneとiPadなどiOS 7デバイス同士ならばデータを共有することができるのもイイですね。

iOS 7の使い方まとめ記事はこちら→【iOS 7まとめ】デザインや使い心地が一新されたiOS 7の使い方まとめ!

簡単設定で手間いらず

下から上にスワイプしてコントロールパネルを開きましょう。Wi-FiとBluetoothがオンになっているのを確認し、「AirDrop」をタッチします。

検出範囲を設定できるのも嬉しいですよね。特に、連絡先がある人のみ公開があるのは非常に便利です。

ios7photoairdrop - 1
ios7photoairdrop - 2


撮影した画像をAirDropを使って送ってみましょう。標準の写真アプリから送る写真を表示させ、左下のアイコンをタップします。すると、AirDropが起動されます。

ios7photoairdrop - 6
ios7photoairdrop - 7


共有したい写真などを選択します。AirDropを起動させている人がいると、アイコンが表示されます。送るデータ・相手を選択、それだけで完了です。めちゃくちゃ便利!!

ios7photoairdrop - 3
ios7photoairdrop - 4


ios7photoairdrop - 5
ファイルが届いても承認しなければ受け取れません。【受け入れる】をタップして保存しましょう。

受け取ったデータは写真→「写真」、パス→「Passbook」、連絡先→「連絡先」に自動で振り分けられます。


みんなで写真を共有しよう

みんなで写真を撮ったはいいけれど、それを全員に送るとなると結構手間ですよね。でも「AirDrop」があれば問題解決です!

共有したい写真を選択してメンバーを選択、それだけで思い出の共有ができちゃいます。

違うデバイスでも共有できる

同じiOS 7同士ならば、iPhoneで撮った写真をiPadに共有することもできます。写真はiPhoneで撮って、加工はiPhoneで・・・なんてできるのは便利ですね。

メールで送ったりするよりも断然早く、手間なくデータの共有ができるので、Ⅰ度やったら癖になっちゃいますね。

iOS 7の使い方まとめページ

【iOS 7まとめ】デザインや使い心地が一新されたiOS 7の使い方まとめ!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!