iBeaconでフリーペーパーをiPhoneに配布できる「ByPlace」の可能性。

その場所に出向いて初めて入手できる雑誌・フリーペーパーを iPhone に配布するサービスが、海外で本格的に始まろうとしています。

ByPlace


(画像引用元:Exact Editions)

その名も「ByPlace」。iOS 7 から追加された iBeacon を使って雑誌を配布します。

アプリがインストールされた iPhone でビーコンの範囲内に入ると、雑誌を入手できると通知。ユーザーが求めれば、ネットから雑誌がダウンロードされる仕組みです。

配布場所に出向く必要がある点はデメリットにも思えますが、そうとは限りません。雑誌・フリーペーパーの「幅」を広める可能性も秘めています。

配布場所を限定できる強み

出版者にとってのメリット

その「場所」に関するテーマの雑誌・フリーペーパーが配布しやすくなります。例えば映画館なら映画雑誌、駅ならその周辺の観光ガイドといった具合です。

すでに場所・地域に密着した雑誌・フリーペーパーは紙媒体でありますが、印刷費用がかかる・配布場所が必要になるというデメリットがあります。

一方、ByPlace のような方法であれば設置・維持・発行費用は比較的安くなります。

ビーコンは非常に小型なので設置しやすく、バッテリで1年間は動作するとしています。アプリで配信するため、印刷は不要。在庫を抱える恐れもありません。

さらに広告の成果を計測しやすいこと・雑誌の内容次第では集客性が高められることから、ビーコンの設置場所・広告主を探しやすい点も長所と言えるでしょう。

ユーザーにとってのメリット

専用アプリを入れておくだけで、自分が訪れた場所に関する雑誌・フリーペーパーが紹介されるので、利用者がわざわざ App Store を検索する必要はありません。

紙媒体の場合は読んだ後に捨てる・持ち運ばねばなりませんでしたが、アプリで配信される雑誌・フリーペーパーならそうした手間も無くなります。

ある店に行けば有料記事が無料で読めるようになる「アンロック」機能を備えた雑誌もあるので、より良質なコンテンツに巡り合える可能性も高まります。

デメリットは「アプリが必要」?

iBeacon は iOS 7 で追加された機能ですが、対応するアプリがインストールされていなければビーコンからの通知を受け取れません。

ByPlace に関しても同様に対応するアプリのインストールが必要なようです。すでにいくつかの場所・アプリの組み合わせでサービスの提供を始めています。

Bluetooth がオンになっていることも条件ですが、こうした iBeacon に対応するアプリをどのようにしてユーザーにインストールしてもらうのかが普及の鍵となりそうです。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!