iMacの出荷所要日数が増加、WWDCで廉価版iMac発表の兆し?

AppleオンラインストアでのiMacの出荷所要日数が増加し、WWDCで新型iMac発表の準備をしているのではないかと噂されています。

20140528imac_1


通常、Macの各製品は「24時間以内」で出荷が行われます。この所要時間が増えるときは、在庫不足かAppleが生産を縮小していることを示します。

現在のiMacは発売からかなり時間が経っているので、突然在庫不足になる可能性は低いですね。そのため、WWDCで新型iMacを発表するために、Appleが生産を縮小しているのではないかと推測されています。

新しいiMacはより安くなる!?

WWDCで新型iMacを発表する場合、先月にKGI Researchが発表したApple製品のロードマップとも一致します。

imac20140524_01


9to5Macによると、KGI Researchのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が「第2四半期により安いiMacが登場する」とも語っているそうです。

より安く、より高性能なiMacが登場するかもしれません。

日本のストアも出荷予定日が増加しています

日本のApple Storeでも、iMacのみ出荷予定日が「3-5営業日」となっています。

20140528imac_2_3


Mac Book Airなど、他の製品は「24時間以内」です。iMacだけ、世界的に出荷予定日が延びているので、Appleが生産縮小している可能性は高そうです。

20140528imac_2_2


新型iMacが出るかもしれないWWDCが楽しみですね。

参考、画像引用元

公式Apple Store(日本)
Slipping shipping times may support analyst prediction of new, cheaper iMacs launching at WWDC | 9to5Mac

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!