iOS 7.1.2へのアップデート時にデータ消失の恐れ。iPhoneを事前にバックアップしよう!

iOS 7.1.2 へアップデートする過程でのトラブルが報じられています。

iOS 7.1.2


ニュースサイト『iMore』によれば、iOS 7.1.2 へアップデートする途中で iPhone や iPad がリカバリーモードになる現象が起きています。いったんリカバリーモードに切り替わってしまうと、iPhone や iPad を初期化せざるを得なくなり、データが失われます。

ほとんどの iPhone や iPad では、問題なく iOS 7.1.2 へアップデートできたようです。しかし、これからアップデートするのであれば、iPhone や iPad を事前にバックアップしたほうが良いでしょう。

リカバリーモードとは?

本来は、iPhone や iPad のトラブルを解決する方法がほかにない場合に使われる機能です。iPhone や iPad が初期化され、iOS が出荷時の状態に戻ります。

iOS 7.1.2
リカバリーモードに切り替わると、iPhone や iPad にこのような画面が表示されます。

(画像:Apple)


iPhoneをバックアップする方法

iPhone や iPad をバックアップするには、iTunes を使う方法と iCloud を使う方法があります。以下の記事で、それらの方法を詳しく紹介しています。
iPhoneのデータをバックアップする2つの方法。万が一に備えよう!

より確実にアップデートするには

iOS は iPhone や iPad の設定アプリからもアップデートできますが、より確実な方法でアップデートするなら PC の iTunes を使いましょう。

付属の Lightning ケーブルか Dock ケーブルを使い、iPhone や iPad を PC に繋ぎます。次に PC の iTunes を起動しましょう。iPhone や iPad を接続したときに自動起動している場合もあります。

iTunes の【iPhone】または【iPad】ボタンをクリックします。

iOS 7.1.2


【概要】タブを開いて【アップデートを確認】ボタンをクリックしたら、あとは画面の指示に従って操作するだけです。

iOS 7.1.2


iOS 7.1.2 へアップデートする途中で、すべての iPhone や iPad がリカバリーモードになってしまう訳ではありません。しかし、万が一リカバリーモードになってしまうと、データは取り戻せなくなります。

iOS 7.1.2 へのアップデートをまだ行っていない場合には、iPhone や iPad をバックアップしてからアップデートすることをオススメします。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!