【iPhone 6の噂】流出パーツで組み立てたiPhone 6を起動する動画が公開される。

流出したとされるパーツを元に、iPhone 6 を組み立てた猛者が現れました。

iPhone 6


(画像:Mac Rumors)

カスタム iPhone を手がける『Feld & Volk』は、流出したとされる iPhone 6 用パーツを入手し、その写真を公開してきました。ニュースサイト『Mac Rumors』によると、今回はそれらのパーツを組み立てて、実際に動作する iPhone 6 を完成させたようです。

真偽は不明ですが、その iPhone 6 を起動する様子を収めた動画も公開されています。

iPhone 6を起動!

動画に登場する iPhone 6 は4.7インチ版で、完成品に近い状態のようです。出っ張るとのカメラや、ラインも写っています。

iPhone 6


(画像:YouTube)

Mac に接続された Lightning ケーブルを挿すと、iPhone 6の電源がオンになり、見慣れない歯車のアイコンが一瞬表示されます。Mac Rumors によると、これは Apple 製の診断ツール『BurnIn』の起動画面だそうです。

iPhone 6


(画像:YouTube)

そして、iTunes を起動した PC との接続を促されます。

iPhone 6


(画像:YouTube)

Mac の iTunes には、「インターネットに接続できないため iPhone ソフトウェア・アップデートサーバに接続できない」とのメッセージが表示されています。

iPhone 6


(画像:YouTube)

一連の流れを収めた動画は、Feld & Volk が YouTube で公開しています。

iOS 7がインストール済み?

ニュースサイト『9to5Mac』は、iTunes を起動した PC への接続を促す画面を元に、動画に登場する iPhone 6 には、iOS 7 がインストールされているようだ、と指摘しています。

ベータ版 iOS 8 がインストールされた iPhone では、iTunes への接続を促す画面が新しいデザインになっているからです。

iPhone 6


(画像:9to5Mac)

さらに 9to5Mac は、動画に登場する iPhone 6 が、ディスプレイ全体を表示に使っていない点にも着目しています。

iOS 8 はまだ開発中の段階で、一般公開前に用意される最終版はまだリリースされていません。そのため、iPhone 6 には間に合わせで iOS 7 、あるいは iOS 7 向けの診断ツールがインストールされているとも考えられます。

Mac Rumors は、この表示に使われていない部分を元に、iPhone 6 の解像度を推測しています。iPhone 5s と縦横比が同じ場合、計算では 750×1,334px になります。iPhone 6 の解像度は諸説あるので、この数値が正しいかは不明です。

iPhone 6


(画像:Mac Rumors)

動画に登場する iPhone 6 は、手の込んだ偽物でなければ、流出パーツから組み立てられた iPhone 6 である可能性が高そうです。日本時間の9月10日に開催される、Apple のスペシャルイベントでの正式発表に期待しましょう。
Appleが9月9日にスペシャルイベント開催を予告! iPhone 6とiWatchを正式発表か。

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!