iPad mini 3の性能はiPad mini 2よりも低いかも? ベンチマークで判明。

iPad mini 3 の性能は、iPad mini 2 よりも低いかもしれません。

141017_ipadmini3 - 4


これは、Macお宝鑑定団がベンチマークソフト(ハードの性能を測るソフト)で iPad mini 3 の性能を計測して判明した情報です。

どちらの端末も A7プロセッサの1.3Ghz、1GBのメモリを搭載しているので、ハードウェア上は同じ性能のはずですが、なぜ差がついたのか不思議ですね。

Geekbench 3では15%遅い

まず、『Geekbench 3』のスコアを比較してみます。Geekbench 3 は、CPUやメモリなどの総合的な性能を測るベンチマークソフトです。

iPad mini 3 のスコアは、シングルコアで1,251、マルチコアで2,129。
iPad mini 2 のスコアは、シングルコアで1,374、マルチコアで2,473なので、iPad mini 3 は iPad mini 2 よりも15%遅いようです。

Sunspiderでは35%も遅い

続いて、ブラウザの速度を比較する『Sunspider 1.0.2 JavaScript Benchmark』のスコアです。Sunspider のスコアは低いほど高速です。

iPad mini 3 のスコアは636、iPad mini 2 のスコアは416。iPad mini 3 が35%も遅いという結果が出ました。

ベンチマークソフトが最適化されていないなどの要因で正確な結果が出ていない可能性はありますが、性能重視派の人は詳細が分かるまで様子を見たほうが良さそうです。

参考

iPad mini 3ベンチマークレポート | iPad | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!