インストール済みアプリを書き換え可能な問題について、Appleがコメントを発表。

iOS のセキュリティ上の弱点と指摘された問題について、Apple がコメントと自衛策を発表しました。

セキュリティ


(画像:Apple)

先日、セキュリティ企業『FireEye』が iOS 7 と iOS 8 のセキュリティ上の弱点を公表しました。iPhone/iPad にインストール済みのアプリが、ウェブサイトからダウンロードしたアプリで書き換えられる恐れがあります。
インストールの催促に注意! iPhoneにインストールしたアプリが書き換えられる恐れ。

ニュースサイト『iMore』によると Apple はこの問題について、iOS は危険性があるアプリをインストールする前に警告する機能を備えていることを挙げ、ユーザーはこの問題の影響を受けていないと発表しました。

そのうえで今回のコメントとあらたに公開したサポートドキュメントでは、いくつかの自衛策を勧めています。

  • App Storeのような信頼できる場所からアプリをダウンロードすること
  • アプリをダウンロードするときは警告画面に注意すること
  • 企業ユーザーは会社が用意した安全なウェブサイトからアプリをダウンロードすること
  • 知っている名前のアプリであっても、よく分からないウェブサイトや信頼できないウェブサイトからは決してアプリをインストールしないこと
  • 「信頼されていないデベロッパ」というメッセージが表示されたら、所属している組織や知っている開発者でない限り、【信頼しない】を選んでアプリを削除すること

上記の自衛策を踏まえ、被害に遭わないように注意しましょう!

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!