【iPhone 6】FaceTimeカメラの位置がズレる不具合が発生。

手元にある iPhone 6 をよく確認してみてください。

iPhone 6


(画像:MacRumors Forums

ニュースサイト『Business Insider』によると、iPhone 6 の FaceTime カメラが本来の位置からズレてしまう問題が海外で報告されています。

本来なら FaceTime カメラに隙間はありません。しかし、ニュースサイト『Mac Rumors』のフォーラムに投稿された写真のように、カメラが左にズレたことで右側に隙間が生じる問題が iPhone 6 で起きています。写真撮影などへの影響はないようです。

Apple はこの不具合が起きた iPhone の修理に応じている、と Business Insider は伝えています。

いずれも海外の情報なので、日本国内で販売されている iPhone 6 でも同様の現象が起こるのかは分かっていません。

FaceTime カメラがズレてしまったら、まずは Apple のサポート窓口に問い合わせてみましょう。取り扱いに問題がなければ、無料で修理を受けられる可能性があります。

iPhone – お問い合わせ – Apple サポート

参考

#Crescentgate Problem With The iPhone 6 Selfie Camera – Business Insider

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!