Appleの要請でiCloud Drive連携機能をアプリから削除。開発元が事情を明かす。

アプリから便利な機能が消えるかもしれません。

iOS 8.1


FTP アプリ『Transmit』の開発元『Panic』によると、Transmit から iCloud Drive にファイルを保存する機能が削除されました。現在販売中の Transmit は、この機能が取り除かれたバージョンです。

Panic が公式ブログで公開した記事によると、アプリで作成されたファイルでなければ iCloud Drive に保存できないとの理由で、Apple から機能削除を求められたそうです。サーバからダウンロードしたファイルを iCloud Drive に保存できる点が問題となったのかもしれません。

今回の変更で、ほかのアプリにファイルを送る機能も削除されました。この機能は iCloud Drive との連携機能と一緒に iOS が管理しているうえに、開発者がほかのアプリとの連携機能だけを搭載する方法がないためです。

ニュースサイト『MacStories』は、Transmit から削除された機能はほかのアプリにも搭載されていると指摘。削除要請がほかのアプリにも出される可能性があります。

最近ではウィジェットに関する削除要請も報じられていますが、Apple がこうした機能の搭載をいったんは認めながら、後日になって削除要請を出す理由は分かっていません。

Transmit に問題の機能が復活する日はやってくるのでしょうか。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!