【次期iPhoneの噂】システムメモリの容量は2GBでLPDDR4を採用?

今秋発売と噂されるiPhone 6sのメモリは、容量が増えて動作速度は向上するかもしれません。

140919_iphone6plusopen - 06


ニュースサイト「G 4 Games」が、iPhone 6sのメモリ容量は2GBで規格はLPDDR4になるとの噂を取り上げています。

iPhone 6/6 Plusのメモリ容量はいずれも1GBで、規格はLPDDR3です。スペック上は、2013年に発売されたiPhone 5sと同じ容量と規格のメモリを使っています。

LPDDR4はLPDDR3に比べ、帯域幅が2倍になっています。これをフルに活かせる環境があれば、メモリとのデータやり取りが高速になるので動作速度の向上につながりそうです。さらにメモリの消費電力はLPDDR3と同程度に抑えられています。

LPDDR4メモリには生産に関する問題があったようですが、現在は解消されたのでAppleはiPhone 6sにLPDDR4メモリを搭載することを決めたそうです。

速度向上も魅力的ですが、容量倍増の効果はかなりありそうです。メモリ容量2GBのiPad Air 2はメモリ容量1GBのiPad Airに比べ、Safariでタブを切り替えた際にウェブページが再読み込みされることが減ったとの話もあります。
【噂】2015年に発売されるiPhone/iPadはメモリ容量が2倍になる?

はたしてiPhone 6sには2GBメモリが搭載されるのでしょうか。楽しみですね!

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!