【噂】今秋発売のiPhone 6sはシステムメモリが倍増される?

iPad Air 2と同等になるのでしょうか。

2014-09-19iphone6open - 01


ニュースサイト『AppleInsider』がAppleの計画に詳しい人物の話として、2015年の秋に発売される「iPhone 6s」はシステムメモリが2GBになると報じています。

メモリが増えると・・・

たとえばSafariを開いたときに、すでに表示していたウェブページが再読み込みされることが減ると考えられています。

iPhone 6s


現在の最新機種であるiPhone 6/6 Plusは、システムメモリの容量が1GBです。これは2012年に発売されたiPhone 5から変わっていません。

昨年発売されたiPad Air 2でメモリの容量が初めて2GBになりました。
iPad Air 2はメモリ2GB、トリプルコアのA8Xチップを搭載。ベンチマークの結果から判明。

Apple SIM搭載の可能性も

iPad Air 2で採用された「Apple SIM」がiPhone 6sでも採用されるかもしれないと、Appleの計画に詳しい人物がAppleInsiderに語っています。

Apple SIMは契約する携帯電話会社をiPadから選べるシステムで、アメリカとイギリスで導入されています。日本では利用できません。

iPhone 6sから日本でも使えるようになれば画期的ですが、どうなるのでしょうか。

Apple SIMは地域限定になるかもしれませんが、メモリの増量は全世界共通でしょう。続報に注目です!

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!