【iPhone 6sの噂】新素材ボディに強度アップの工夫、厚み増でも軽い?

やはりボディに使う素材を変えたのでしょうか。

iPhone 6s


(画像:YouTube

iPhone 6と『iPhone 6s』のものとされるボディを比べる動画が、YouTubeチャンネル『Unbox Therapy』で公開されました。

Unbox Therapyによると、iPhone 6sのボディには強度を向上させるための工夫が施されているほか、iPhone 6のボディと比べて重さに違いがあるそうです。

くわしく見ていきましょう。

iPhone 6とiPhone 6sのボディを比べる

動画で行われた比較をまとめると以下の通りになります。

iPhone 6 iPhone 6s
フレームの厚み 1.14ミリ 1.9ミリ
重さ 27グラム 25グラム

iPhone 6sではフレームの厚みが増していることから、iPhone 6よりも折り曲げに対する強度が高くなっている可能性が考えられます。

フレームの厚みが増しているにも関わらず、重さがiPhone 6のボディよりも軽いことにも要注目です。以前から、iPhone 6sのボディにはApple Watch Sportで使われている、7,000シリーズのアルミニウムが使われるとの噂がありました。

7,000シリーズのアルミニウムは、Appleのウェブサイトによると標準的な合金よりも60%強く、軽いとされています。
【iPhone 6sの噂】折り曲がる心配は無用? 新素材・厚み増で強度向上か

Unbox Therapyの動画はこちらでご覧いただけます。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!