本牛革を使用した『マックスむらいのレザーケース iPhone 6s/6』

iPhone 6sを装着してみました。

one Sheet - 2


牛本革を使った『マックスむらいのiPhone 6 レザーケース』。

iPhoneのフレームを包み込むようなカタチのケースですが、iPhone 6sの3D Touchやエッジプレスなどの機能も問題なく使えるか、チェックしました。

そのほか細かな操作性もあらためて確認しましょう。

▼マックスむらいのレザーケースをチェック▼

iPhone 6sでもむらいレザー

こちらiPhone 6sです。以前のモデルより0.2mmほど厚くなっています。

マックスむらいのレザーケースに装着してみましょう。ポケットは余裕があるので6sでも問題なく装着できますよ。

one Sheet - 1


できました。ポケットにはICカードが1枚入ります。ここには名刺を1枚入れておけば急な自己紹介のときも安心。

one Sheet - 2


フラップにはマックスむらいのサインが印刷されていますよ。

one Sheet - 3


3D Touchも使えるぞ

液晶のフチまでケースで覆われていますが、ディスプレイの端を押す動作「エッジプレス」は問題なく使えました。

one Sheet - 4


片手でも操作しやすいケースです。

one Sheet - 5


ボタン周りをみる

側面です。電源ボタンの位置はボタン形に押してあるので、位置がわかりやすい。

one Sheet - 6


マナーモード、音量ボタン周りは大きくあいています。

one Sheet - 7


Lightning端子・イヤホンジャック周りは余裕を持った切り込みで仕上げられています。多少大きなコネクタでも問題なく使えますよ

one Sheet - 8


iPhone 6sの厚さが0.2mm厚くなったので側面からよーく見ると、ケースのフチが浮いています。が、気にならないレベルですし、操作には影響ありませんでした。

one Sheet - 9


6sでも出っ張っているカメラ周りです。ケースのほうが高さがあるので背面を下に置いてもカメラは床に当たりませんよ。

one Sheet - 10


本牛革で作られた、手に馴染むケースですよ。

one Sheet - 11


iPhone 6sでもマックスむらいのレザーケースが使えました。iPhone 6から使っていて、いい感じに革が育ってきたという人はぜひそのまま使い続けてあげてください。

手に馴染む上質なケースです。マックスむらいファンはもちろん、本革の質が良いケースを探している人はチェックしてください。

▼マックスむらいのレザーケースをチェック▼

iPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・
ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!
iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

iPhone 6s / 6s Plus情報まとめ

【随時更新】iPhone 6s/6s Plus 発売されたぞぉ! ローズゴールド・3D Touchなど気になる情報まとめ | AppBank

一緒に買いたいアクセサリ

0914tenpre - 1

[0.20mm]液晶保護強化ガラス ゴリラガラス iPhone 6s
強度抜群、しかも極薄のiPhone 6s用強化ガラスです。

0914tenpre - 3

[15,600mAh]Anker PowerCore
iPhone 6に4回以上フル充電可能。iPhone 6s/6s Plusにも最適です。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!