脱獄していないiPhoneにも感染するウイルス、対策はiOS 9への更新

設定アプリの【一般】→【ソフトウェアアップデート】でバージョンを確認しましょう。

セキュリティ


おもに中国や台湾で広がっているiPhone向けウイルス『YiSpecter』について、AppleはiOS 8.4.1で感染しないように対策していたことを明らかにしました。2015年10月6日時点での最新バージョンはiOS 9.0.2で、対策は受け継がれています。

このウイルスは、iOSの制限やセキュリティ機能を無効にする『ジェイルブレイク(脱獄)』を行っていないiPhoneにも感染した事例が報告されています。

感染を防ぐには

Appleの発表では、2つの点が強調されています。

最新のiOSにアップデートする

2015年10月6日時点の最新バージョンはiOS 9.0.2ですが、iOS 8.4.1で施された対策は受け継がれています。

設定アプリを開き、【一般】→【ソフトウェアアップデート】で更新できます。

設定


App Store以外からアプリをダウンロードしない

App Store以外からアプリをダウンロードした場合、それはAppleの審査を経ていないので悪質なアプリである可能性があります。

アプリは必ずApp Storeからダウンロードするようにしましょう。

App Store


Safariで「アプリをインストールしますか」というメッセージが表示されたり、「信頼されていないデベロッパ」という警告が表示されたら、操作をキャンセルしてウェブページを閉じる・問題のアプリを削除するようにしましょう。

YiSpecterによる被害

iPhoneを勝手に操作できるようです。以下はその一例です。

  • アプリを勝手にインストール・起動する
  • インストール済みのアプリを置き換える
  • ほかのアプリに広告を表示する
  • Safariの検索エンジンを変える
  • ユーザーの情報を集めて送信する

「iOSは最新版にアップデートする」と「App Store以外からアプリをダウンロードしない」、この2つのルールでiPhoneを守りましょう。

参考

(2015年10月7日 画像・一部文言を修正)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!