Google マップのデータを削除してiPhoneの空き容量を増やす方法

最新の便利技まとめはこちら!
覚えておくべき『Google マップ』の便利な技

———

地図アプリ『Google Maps』が知らないうちに巨大化することをご存知でしょうか。

Google Maps


(© Google Inc.)

地図やストリートビューを見ると、そのデータがiPhoneにダウンロードされて残るので、ストレージの使用量が増えてしまうのです。

このページでは、Google MapsをiPhoneから削除することなく、これらのデータだけを消す方法をご紹介します。

Google Mapsの使用量をチェック

まずはGoogle Mapsがどれくらいデータを保存しているのかを見てみましょう。

設定アプリの【一般】→【ストレージとiCloudの使用状況】→【ストレージを管理】を開き、リストの中から【Google Maps】を探しましょう。

設定


【Google Maps】を開くと、どれくらいの容量を使っているのかが分かります。

Google Maps


iPhone 6 Plus(iOS 9.1)で検証したところ、初めて起動した直後の使用量は3.3MBでした。機種によって異なる可能性もありますが、目安としてお使いください。

あまりにも多くの容量を使っていて、さらにiPhoneの空き容量が足らないときはGoogle Mapsのデータを削除した方が良いかもしれません。

Google Mapsのデータを削除する方法

Google Mapsを開き、画面左上のボタンをタップ(左)。つぎにメニューの【設定】をタップしてください(右)。

Google Maps
Google Maps


(© Google Inc.)

【概要、利用規約、プライバシーポリシー】を開きます(左)。さらに【利用規約とプライバシーポリシー】をタップします(右)。

Google Maps
Google Maps


(© Google Inc.)

Google Maps
【アプリのデータを消去】をタップします。

(© Google Inc.)


最後に【OK】をタップすると、データが削除されます。

Google Maps


(© Google Inc.)

Google Mapsを開いたまま、しばらく待ちましょう。データの削除に時間がかかる場合もあるようです。

削除されるデータ

Googleによると、以下のデータがこの操作で削除されます。

  • 検索候補・ルート検索・地図データ・「マップのアクティビティ」データなど
  • Cookie

設定アプリで再チェック

ふたたび設定アプリの【一般】→【ストレージとiCloudの使用状況】→【ストレージを管理】→【Google Maps】を開き、使用量を確認してみましょう。

Google Maps


削除前と比べて容量が減っていたら成功です。うまくいかない場合は、Google Mapsでデータの削除をもう1度行ってみましょう。

参考

アプリのデータを消去する – モバイル Google マップ ヘルプ

Google Maps ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量: 34.2 MB
・バージョン: 4.11.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!