帰省するときに必ず持って行きたいiPhoneアクセサリ

気がつけば12月もなかばを過ぎ、2015年も残すところあとわずか。そろそろ帰省グッズの準備をして年末年始に備えたいところですね。

実家へ帰ったときにないと困る、一緒に持って行きたいiPhoneアクセサリをまとめました。

充電器

まず、絶対に忘れてはいけないのが充電器。これがないとiPhoneを充電できませんからね。実家にiPhoneの充電器があればいいですが、両親はいまだにガラケーだったりしますし。

帰省に持って行くならANKERの独自技術PowerIQを搭載した急速充電器がオススメ。自分が使っている端末に適した最大スピードですばやく充電してくれますよ。

商品はこちら→Anker 20W 2ポート USB急速充電器 PowerIQ搭載

1219shinsyouhin2 - 1


Lightningケーブル

充電器と同じく、絶対に忘れてはいけなのが充電用のLightningケーブルです。バッグの中に入れても断線しにくいタフなケーブルを持って行きましょう。

Apple純正よりも少し長い1.8mのLightningケーブルなら、広いリビングでも充電しやすいです。

商品はこちら→[1.8m]Anker 高耐久ナイロン Lightningケーブル 第2世代

kisei - 1


モバイルバッテリー

「クルマで長時間移動していたら、いつのまにかiPhoneのバッテリーが10%に」

長時間乗り物で移動していると、iPhoneのバッテリー残量はピンチになりがち。iPhone 6sを約4回充電できる大容量バッテリーをひとつ持っていきましょう。

商品はこちら→[10,400mAh]Anker PowerCore 10400 モバイルバッテリー ホワイト

kisei - 2


あると便利なアクセサリ

必ず必要なわけではないですが、帰省するときにあったら便利なグッズです。

Anker PowerPort 10 60W 10ポート USB急速充電器

親戚がたくさん集まる年末年始。充電しようと思ったらコンセントの数が足りなくなってしまう場合も。

コンセントひとつで最大10台のデバイスを充電できる10ポートUSB充電器を持って行けば、親戚にも喜ばれます。

商品はこちら→Anker PowerPort 10 60W 10ポート USB急速充電器

kisei - 3


iOS専用microSDカードリーダー Leef iACCESS

年末年始には、カウントダウンや初日の出、初詣など写真に残したくなるイベントがたくさんあります。いざ写真や動画を撮ろうとしたら、iPhoneの容量が足りなくなるかもしれません。

iPhoneのデータをmicro SDカードに移せる『 Leef iACCESS』があれば、いくらでも写真や動画が撮れますよ。

商品はこちら→iOS専用microSDカードリーダー Leef iACCESS

iACCESS - 1


「実家に帰ってから気がつく」では遅い

「荷物はなるべく少なくしたいから・・・」と何も持って行かないと、年末年始にiPhoneが使えなくて悲しいことになります。

帰省のときは充電器やケーブルなど、iPhoneアクセサリも忘れずに準備してくださいね。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!