iPhone用SDカードリーダー2種類の機能を比較 [レビュー]

iACCESS Apple - 1


iPhoneの写真や動画をmicro SDカードに移動・コピーできる『iOS専用microSDカードリーダー Leef iACCESS』と、Apple純正の「Lightning to SD Card Camera Reader」。

どちらもSDカードをiPhoneで読み取れるガジェットですが、実際はどう違うんだろう。2つのカードリーダーの特徴から、使いわけを調べてみました。

どっちを選べば良い?

iACCESSはiPhoneのデータをSDカードに保存したい人向け

iACCESSは専用アプリを使い、データのやりとりができます。扱えるデータは「写真」、「動画」、「音楽」、「連絡先」、「書類」ですよ。

iPhone→SDカード、SDカード→iPhoneにデータを移動できますよ。

専用アプリはこちら→MobileMemory

iACCESS Apple - 4
iACCESS Apple - 5



(© 2015 Leef LTD.)

Apple純正はSD→iPhoneに写真を送信するのみ

Apple純正は、SDカードからiPhoneへのデータの送信のみできます。

iACCESS Apple - 7
iACCESS Apple - 8


▽Apple純正カードリーダーを挿すと、自動的に写真アプリが立ち上がる。
iACCESS Apple - 15


一眼レフなどで撮った写真をiPhone・iPadですぐに確認したい人はコチラ。

iACCESS Apple - 14


見た目を比較

使っているSDカード

iACCESSは、micro SDカード、Lightning to SD Card Camera Reader(以下、Apple純正)は標準サイズのSDカードです。

iACCESS Apple - 2


iACCESSは回りこむ形

こちらはLeef iACCESS。iPhoneの背面にグルっと回りこむ形をしています。

▽iPhoneからはみ出る部分は少し。
iACCESS Apple - 9


Apple純正は大きめ

こちらはApple純正。SDカードスロットにLightningコネクタがついている感じ。

▽標準SDカードなので、少し大きめです。
iACCESS Apple - 10


Lightning端子の大きさは?

Lightning端子は純正のほうが厚いです。Lightning端子周りが小さいケースは使えないことがあるので、気をつけてください。

iACCESS Apple - 13


Apple純正のSDカードリーダーは3,500円。iACCESSは7,190円です。

SDカードの内容をiPhoneでチェックできれば良い人はApple純正。iPhoneの写真をSDカードに保存もしたい人はiACCESSがオススメです。

自分の用途に合わせて最適なカードリーダーを選んでください!

▼Leef iACCESSをAppBankStoreでチェック▼

iPhone 6s、iPhone 6s Plusアクセサリーまとめ

ハードケース、バンパー、カードが入るケース・・・
ケースのタイプで探せるアクセサリーまとめはこちら!
iPhone 6s、iPhone 6s Plusのケース・グッズまとめ! どんどん追加中!

あると便利なiPhoneアクセサリ

ミニマルデザインケース MYNUS iPhone 6s/6
余計な要素をそぎ落とし、コネクタ周りのスキマを極限まで無くした究極にシンプルなミニマルケースです。

[1m]高耐久 小型コネクタLightningケーブル iCable
Apple 純正Lightningケーブルよりコネクター部分が薄くて小さい、アルミニウム合金製ケーブル。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!