【注意】iPhoneを強制再起動させるリンクが流行中

Safari


とあるウェブサイトをSafariで開くと、iPhoneが再起動する問題が報告されています。

原因はそのウェブサイトに埋め込まれたコードで、この問題の修正に向けてAppleは取り組んでいる、とウェブサイト『iMore』が報じています。

では、どうすれば被害に遭う可能性を減らせるのか。対策をご紹介します。

対策その1:リンクを開く前にURLを確かめる

現在、「crashsafari(ドット)com」というURLが拡散されています(記号をカタカナに置き換えています)。これを開くと、iPhoneが再起動します。

そこでリンクを開く前に長押し。メニューが現れ、その一番上にリンク先のURLが表示されるので、開く前に確かめられます。

Safari


iPhone 6s/6s Plusではリンクを強く押すと、ウェブページをプレビュー表示します。この場合もiPhoneが再起動するので、「軽く長押し」を心がけてください。

対策その2:短縮URLはそのまま開かない

問題のURLを偽装するケースも報告されています。Twitterなどで使われる「短縮URL」に変換することで、本来のURLを隠す方法です。

この短縮URLを元の形に戻せるのが『Where Does This Link Go?』。Safariで使えるウェブサービスです。

Where Does This Link Go?

短縮URLを貼り付け、【Expand】をタップします。

Safari


(引用元:Where Does This Link Go?

すると、元のURLが表示されるのでチェックしましょう。

Safari


(引用元:Where Does This Link Go?

対策その3:不審なリンクは開かない

SNSやメールで送られてきたリンクなどを、無条件に開かないようにしましょう。

アプリ連携で送信されたり、送信元を偽装したりした迷惑メッセージかもしれません。
Twitterのアプリ連携を解除する方法。勝手にDM・ツイート時は要注意!

リンクを開く際は、対策その1・対策その2を忘れずに行いましょう。

Appleがこの問題に対応したiOSを、近くリリースするものと思われます。新バージョンが公開されたらアップデートしましょう。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!