iCloudフォトライブラリとフォトストリームって何が違うの?

iCloud


写真をiCloudに保存できる『iCloudフォトライブラリ』と『フォトストリーム』。その違いは何でしょうか?

比較表

iCloudフォトライブラリとフォトストリームの違いを、表にまとめました。

iCloud
フォトライブラリ
フォトストリーム
保存できる枚数 iCloudストレージの空き容量による
(無料は5GBまで)
25,000枚(1ヶ月)
保存期間 無期限 30日間
対応するメディア 写真・ビデオ 写真のみ
iPhoneから閲覧できる枚数 iPhoneの空き容量による 直近1,000枚まで
iPhoneにダウンロードした時のサイズ オリジナル・最適化版を選択可 最適化版のみ
アップロードにWi-Fiが必要?
アップロード制限 なし 1時間で1,000枚、1日で10,000枚、1ヶ月で25,000枚まで
バースト写真 制限なし 設定変更で全てアップロード可
手ぶれ補正写真 制限なし 合成した最終写真だけアップロード

ずっと保存できる『iCloudフォトライブラリ』

iCloudストレージの容量が許す限り、いくつでも写真とビデオを保存できます。他のデバイスからも閲覧できます。

保存期間に制限もないので、保管庫として使うのにピッタリですが、Appleは別に写真・ビデオをバックアップすることも勧めています。

しかし、iCloudストレージはメール・iCloud Drive・iCloudバックアップでも使う場所。写真とビデオでいっぱいにしてしまうと、ほかの機能に支障が出ます。

無料で使えるのは5GBなので、本格的に使う際は有料プランが必須です。

iCloud


iCloudの容量を使わない『フォトストリーム』

制限は多いですが、iCloudストレージを使わずに写真を保存できます。他のiPhone・iPadから閲覧すると、表示されるのは直近の1,000枚です。

30日間で写真はiCloudから消えてしまうので、保管庫のような使い方はできません。必要な写真はiPhoneにダウンロードして保存できます。

PCを定期的に使う場合は重宝します。iPhoneで撮った写真をフォトストリームにアップロードし、そこからPCに自動保存できるからです。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!