iTunesアローアンス終了、子どものApple IDはどう管理すべき?

iTunes


Appleが『iTunesアローアンス』の終了を発表しました。お子さんのApple IDの管理に使っていた方は要注意です。

5月25日でサービス終了

Appleが4月14日付で公開したウェブページによると、2016年5月25日でiTunesアローアンスのサービス提供を終了します。

サービス終了後も贈ったアローアンスは受取人のApple IDに残り、使い切るまで有効です。あわてて使い切る必要はありません。

iTunesアローアンスとは

設定した金額のアローアンス(iTunes Card・iTunesギフトのようなもの)を、送り主のApple IDから受取人のApple IDへ毎月贈るサービスです。

たとえば親のApple IDからお子さんのApple IDへ贈るように設定すれば、お子さんがアローアンスを使ってコンテンツを購入できます。

代わりとなるサービスは?

『iOS 8』で追加された、『ファミリー共有』です。

ファミリー共有


親のApple IDを管理者として設定し、それにお子さんのApple IDを登録することでアプリなどのコンテンツ購入を管理できます。

たとえばお子さんがアプリを購入・アプリ内課金を行う場合、まず管理者である親のApple IDに申請します。親のiPhoneに通知が届くので、お子さんからの申請を確認して許可・不許可を選べます。

親が購入したアプリなどをお子さんと共有することもできます。

設定方法・使い方は以下のページでご紹介しています。iOS 9に対応した、新しい記事を後日公開する予定です。
【iOS 8】子供のiPhoneに入れるアプリや課金を管理する方法。お父さんお母さん必見!
【iOS 8】最大6人でアプリや音楽を共有できる新機能。ファミリー共有の設定方法。
【iOS 8】ファミリー共有で使える便利な4つの機能。家族が持っているアプリや音楽をシェアできるぞ!

参考

iTunes Allowances to end May 25, 2016 – Apple Support

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!