【検証】iPhoneはNight Shiftで遅くなるか

160322_nightshift - 3


ブルーライトを軽減する新機能『Night Shift』を使うと、iPhoneの動きが遅くなったり、処理能力に悪い影響を与えたりするのでしょうか。

※ Night ShiftはiOS 9.3以上をインストールした『iPhone 5s』・『iPad Air』・『iPad mini 2』以降のデバイスと、『iPad Pro』・第6世代『iPod touch』で利用できます。

検証の方法と条件

Night Shiftをオンにした状態とオフにした状態で、処理能力を計測できるベンチマークアプリを使い、スコアを比べます。

Night Shiftがオンの状態では冷たく・中間・温かくの3通りの色温度で計測しました。それぞれ計測は1回です。

Night Shift


検証に使ったのは『iPhone 6 Plus』の16GBモデル、iOSのバージョンは9.3.1です。ベンチマークアプリ使用時は、ほかのアプリをすべて終了しています。

使用したのは『Geekbench 3』(バージョン3.4.1)・『GFXBench GL』(バージョン4.0.10)と、Safariで実行するJavaScriptベンチマークサイト『Octane 2.0』です。

Octane 2.0で計測する際は、1回ずつSafariを終了して設定アプリ→【Safari】で【履歴とWebサイトデータを消去】を実行しています。

検証結果

Geekbench 3 GFXBench GL Octane 2.0
Night Shiftオフ 2,879 1278.41 8,804
Night Shiftオン-冷たく 2,912 1274.29 9,116
Night Shiftオン-中間 2,906 1276.96 8,941
Night Shiftオン-温かく 2,909 1259.83 8,813

※ 筆者が検証した際の結果なので、今回と同じ結果が再現できることを保証するものではありません。

それぞれのスコアは以下のテスト項目の結果です。いずれも数値が大きいほど処理能力が高いことを示しています。

  • Geekbench 3:マルチコア
  • GFXBench GL:マンハッタン
  • Octane 2.0:総合スコア

検証から分かったこと

Geekbench 3では計算能力、GFXBench GLでは描画能力、Octane 2.0ではSafariの処理能力を計測しました。

そのスコアは、Night Shiftのオン・オフ、そして色温度の設定にかかわらず、大きく異なることはありませんでした。

今回の結果を見る限り、iPhoneの計算能力・描画能力やSafariの処理能力は、Night Shiftのオン・オフにはほとんど影響されないと言えるでしょう。

Night Shift


Night Shiftの使い方はこちらのページでご紹介しています。
【iOS 9.3】ブルーライト量を減らす「Night Shift」を試してみた

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!