【ドコモ】被災地で通信速度の制限を解除

ドコモが、平成28年熊本地震の被災地域を対象に、データ通信の速度制限を解除することを発表しました。

ソフトバンクも同様の支援措置を発表しています。
【ソフトバンク】被災地域で通信速度制限を撤廃

適用される内容と対象

毎月の3G・LTEのデータ通信量は契約プランで決まっています。通常は、これを上回ると当月末まで通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

この通信速度の制限が、今回のドコモの支援措置によって2016年4月18日から2016年4月30日まで解除されます。

すでに通信速度の制限がかかっている場合も順次解除されます。

対象となるのは契約者住所、または請求書送付先住所が、平成28年熊本地震で災害救助法の適用地域である契約です。

災害救助法の適用地域は内閣府のウェブサイトで確認できます。

災害状況 – 内閣府

ドコモによると、4月18日10時30分時点で熊本県・大分県の一部地域でドコモのサービスが利用しづらい・利用できない状況が続いています。不要不急の通信・通話は控えましょう。

災害用伝言板・無料Wi-Fiも提供中

安否確認の手段として、ドコモなどの携帯3社は災害用伝言板を提供中です。
【安否確認】ドコモ、au、ソフトバンクが熊本地震で災害用伝言板を提供開始

パソコンからも災害用伝言板が使えます。
パソコンから利用できる災害用伝言板【web171】

各社の公衆無線LANサービスも無料開放されています。ネットワーク名は「00000JAPAN」です。
九州地方で、大手3社がWi-Fiスポット無料開放

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!