Safariで外国語のページを日本語に翻訳する方法

Safari


あるアプリをiPhoneに入れると、外国語で書かれているウェブページを日本語に翻訳してSafariで読めます。その方法をご紹介します。

Microsoft Translatorを使おう

Safariでウェブページの翻訳に欠かせないのが『Microsoft Translator』。無料で入手できます。

Microsoft Translator


(© 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.)

ウェブページを翻訳するためにURLをコピー&ペーストしたり、アプリを切り替えたりする必要はありません。

使い方

(1)設定を確かめる

まずは、Microsoft Translatorの設定を確認します。アプリを開き、画面右下にある歯車のボタンをタップしましょう。

Microsoft Translator


(© 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.)

【Safari 翻訳言語】をタップし、何語に翻訳したいのかを指定します。標準設定では日本語になっているはずです。

Microsoft Translator


(© 2016 Microsoft Corporation. All rights reserved.)

(2)Safariで翻訳する

外国語で書かれているウェブページをSafariで開き、画面下のボタンをタップします。

Safari


メニュー下段を右端までスクロールし、【その他】をタップ。

Safari


【Microsoft Translator】をオンにします。

Safari


メニュー下段に【Microsoft Translator】ボタンが追加されます。これをタップするとウェブページが翻訳されます。

Safari


再読み込みを行うと、翻訳前のページに戻ります。

翻訳後のウェブページはどんな風になるのでしょうか。AppBankのページを日本語から英語に翻訳してみました。左が翻訳前、右が翻訳後です。

Safari
Safari


テキストが翻訳された一方で、ウェブページの見た目はそのままです。画像に含まれる文字は翻訳されません。

元のウェブページのデザインや雰囲気を崩さずに翻訳できます。ぜひお試しください。

もっと翻訳しやすくするには

Safariのメニューは項目をドラッグ&ドロップで並べ替えられます。動かしたいボタンを長押しすると浮くので、タップしたまま指を動かして並べ替えましょう。

Safari


Microsoft Translator ・販売元: Microsoft Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 辞書/辞典/その他
・容量: 46.7 MB
・バージョン: 2.18.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!