iPhoneの○○がもたらす恐怖

iPhone


iPhoneを使っていたら、身に覚えのない写真が突然表示された。いったいどうして・・・?

その原因は怪奇現象ではなく、iPhoneの機能かもしれません。

便利なはずの『AirDrop』が・・・

原因になりうるiPhoneの機能が『AirDrop』です。Wi-Fi・Bluetoothを使い、写真や連絡先などのデータをiPhoneやMacとやり取りできます。

AirDrop


いわば赤外線通信のiPhone版で便利な機能ですが、困った仕様もあります。

画像を受け取ると表示してしまう

相手がAirDropで画像を送ると、それを受け取る側のiPhoneにはそのプレビューが表示されてしまいます。冒頭でご紹介した現象はこれです。

AirDrop


この仕様を悪用すれば、相手が見たくない・見る意思がない画像であっても、相手のiPhoneに表示させることができてしまいます。

実際に、これを悪用した事件がイギリスで起きています。

アプリの無断インストールにも悪用

『iOS 7』から『iOS 8.4.1』では、AirDropを使ってiPhoneに悪質なアプリを強制的にインストールできる弱点も見つかっています。
iPhoneに悪質アプリをAirDropで無断インストールされる恐れ、対策は?

知らぬ間に悪質なアプリをインストールされ、iPhoneに入っている情報が盗まれたり、iPhoneの使用状況が監視されたりする恐れがあります。

なお、この問題は『iOS 9』以降のバージョンでは修正済みなので、最新のiOSを使っていればこれを悪用した攻撃を受ける心配はありません。

AirDropの悪用を防ぐには

AirDropの設定を見直し、データを受け取る送り主を制限することで、被害に遭う可能性を最小限に抑えられます。

コントロールセンターを開くために、画面下をタップして上に引っ張り上げます。

AirDrop


【AirDrop】をタップしましょう。

AirDrop


【連絡先のみ】を選びます。これで連絡先に登録されている人から送られてくる場合に限り、受け付けるようになります。

AirDrop


AirDropは、iPhoneのWi-FiとBluetoothがオンになっている場合に限って使えます。

Wi-Fiはオンになっているだけで使えるため、AirDropを使う必要がない場面ではWi-FiとBluetoothをオフにしておくのも効果的です。

参考

Police investigate ‘first cyber-flashing’ case – BBC News

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技もチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!