iPhone 7の弱点はLightningポート? 懸念される問題とは

2015-0925_iPhone6:6s - 09


スマートフォンなどの修理方法を紹介するウェブサイト『iFixit』は、iPhone 7のLightningポートが故障する確率はこれまでのiPhoneよりも高くなると予想しています。

なぜでしょうか。

Lightningポートの故障は珍しくない

現在のLightningポートの主な用途は充電です。1日に1回は充電している方も珍しくないでしょう。

そんなLightningポートが故障することは決して珍しくないそうです。

iFixitによれば、Lightningポートの修理方法を紹介したページは、『iPhone 5』・『iPhone 5s』・『iPhone 5c』向けページの中で3番目に人気。『iPhone 6』向けのページもアクセス数が毎月増え続けているとしています。

イヤホンジャックの代役も担えば・・・

これまでの噂通り、もしiPhone 7でイヤホンジャックが廃止されると、Bluetoothイヤホンを使うか、Lightning接続のイヤホンや変換アダプタを使うしかありません。

Lightningポートはイヤホンジャックの代わりも担うことになり、負担は増えます。

photo_ic_earphone - 2


しかもイヤホンジャックとして使えば、持ち歩きながら使う場面が多くなるので、Lightningポートやコネクタに負荷がかかることも増えるでしょう。

これらの理由からiFixitは、イヤホンジャックが廃止されたiPhone 7ではLightningポートの故障率が高くなると予想しています。

故障すれば致命的

しかし、Lightningポートの故障はiPhoneにとって致命的です。故障してしまうと、ほかにiPhoneを充電する手段がありません。

20150925_iPhonenews6_n - 5


イヤホンジャック廃止が本当なら、Appleはどんな対策を講じているのでしょうか。

ワイヤレス充電で解決?

考えられるのは耐久性を向上させた新型Lightningポートか、ワイヤレス充電の採用です。

ただし、iFixitは新型Lightningポートが採用される可能性は低いと分析しています。耐久性を向上させるとポートが大型になり、iPhoneの厚さにも影響するからです。

ワイヤレス充電に関しては、iPhone 7でSmart Connectorの搭載が噂されています。

このコネクタはアクセサリとの通信や給電のほか、バッテリーの充電にも対応。すでに『iPad Pro』で採用され、置くだけで充電できるスタンドも発売されています。

151117_ipadpro_ipadair - 09


とはいえ、これはあくまで噂なので、iPhone 7には採用されない可能性もあります。

発表は9月7日か

こうした懸念が杞憂で終わるかは、iPhone 7の仕様次第です。

発表イベントは9月7日開催と噂されています。見た目や性能だけでなく、iPhoneの使い勝手や耐久性に関する部分にも要注目です。
「iPhone 7は9月7日発表」が有力視される理由

参考

Ditching Headphone Jack Could Hurt iPhone Durability | iFixit

最新情報はAppBankアプリで!

もっとiPhoneを楽しむための情報がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 10.5 MB
・バージョン: 1.0.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!