iPhone 7が水に濡れたら絶対すべき対処法

1


iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』は耐水仕様ですが、液体によってiPhoneが壊れた場合は保証の対象外。修理費は決して安くありません。

水に濡れたときは、Appleが公表している以下の方法で対処しましょう。

Appleが公表している対処法

iPhone 7/7 Plusが水に濡れたときは、以下の手順で対処します。

  1. 柔らかい、ゴミが出ない布で拭う(例:カメラレンズを拭く布)
  2. iPhoneに繋いでいるケーブル・アクセサリをすべて外す
  3. Lightningコネクタを下にして、手の上でiPhoneを軽く叩いて水を落とす
  4. 風通しの良い、乾燥した場所に置く
  5. 5時間以上乾燥させる

完全に乾くまで、決して充電しないでください。

濡れたまま充電しようとすると、Lightningコネクタに残っている水滴が原因でショートするなどして、iPhoneが故障する恐れがあります。

Appleは上記の手順をサポートページ・マニュアルで紹介しています。

早く乾かしたいときは

Lightningコネクタの中にファンの冷気を直接当てると、早く乾かせるそうです。

ただし、圧縮空気などの強力な風で乾かそうとすると、内部に水が入る可能性があるので避けた方が良いでしょう。

ドライヤーなどを使って熱風を送るのは厳禁です。綿棒やタオルなどでLightningコネクタの中を拭うこともやめましょう。

「耐水」でもやってはいけないこと

Appleは以下の行為を行わないように、と注意喚起を行っています。

  • 故意に水に浸す
  • 塩水・プールの水・石鹸水・油・溶剤・酸性の液体などに浸さない
  • iPhone 7を付けたまま泳ぐ・入浴する
  • シャワーやサーフィンなど、水圧が強い・流速が大きい水をiPhone 7にかける
  • サウナやスチームルームなど、推奨温度の範囲外・高湿度環境で使う
  • iPhone 7に衝撃を与える(例:落とす)
  • iPhone 7を解体する

iPhone 7/7 Plusの「耐水」は過信せず、水がかかりそうな場所では防水ケースを使うなどしてiPhoneを守るようにした方がよいでしょう。

参考

手に入れよう!

申し込みがWebで完結!並ばず購入するならソフトバンクオンラインショップで。
購入ページはこちら

iphome7_softbank_new02


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!