iPhone 7/7 Plusで異なるメモリ容量、その効果は?

photo_iphone7_plus - 9


システムメモリの容量は『iPhone 7』が2GB、『iPhone 7 Plus』が3GBであることが判明しています。

この1GBの差、実際にiPhoneを使う場面でどんな影響があるのでしょうか。

ベンチマークテストの結果はこちら。
iPhone 7の性能をベンチマーク比較! A10の実力は?

Safariで実験

メモリが少ないと、Safariでタブを切り替える際にウェブページが再読み込みされる頻度が増えます。

そこでウェブサイト『9to5Mac』が、メモリの容量が異なるiPhone 7とiPhone 7 Plusでどれくらいの違いがあるのかをSafariで調べています。

Safariでたくさんのタブを開き、それぞれで異なるウェブページを表示。そのタブを順に開き、どれくらいのタブを再読み込みせずに開けるかを数えていきます。

結果は互角

9to5Macが行ったテストでは、iPhone 7もiPhone 7 Plusも結果は同じでした。

9to5Macが説明する通り、この検証は正確なものではありません。

しかし、実際の使い方に近い方法で行っているテストなので、1GBの差は明らかに分かるものではないと考えられます。

なお、AppBankでもベンチマークテストを行っていますが、iPhone 7とiPhone 7 Plusの結果に大きな差は見られませんでした。
iPhone 7の性能をベンチマーク比較! A10の実力は?

参考

See how iPhone 7 Plus’s 3GB RAM performs against iPhone 7’s 2GB with our Safari tab test [Video] | 9to5Mac

手に入れよう!

申し込みがWebで完結!並ばず購入するならソフトバンクオンラインショップで。
購入ページはこちら

iphome7_softbank_new02


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!