【iPhone 7(アイフォン7)】センサー式ホームボタンでも防水ポーチは使えるか検証

iPhone 7(アイフォン 7)と防水ポーチが横並びに置いてある写真


iPhone 7」「iPhone 7 Plus」は、iPhoneの中で初めて耐水仕様になりました。

IP67等級という仕様で、水と塵が内部に侵入しない構造になっているんです。しかし、Apple公式サイトによると、「液体による故障は保証の対象外」になるという旨が記載されています。(*1)

いくら、水に強くてもやっぱり心配。そんなとき、防水ポーチや防水ケースの購入を考えている方も多いのではないでしょうか。

*1 参考
iPhone 7の「耐水」を過信するべきではない理由

iPhone 6s(アイフォン6s)とサイズはほぼ同じ。なら、防水ポーチも使える?

耐水仕様のiPhone 7で防水ポーチを組み合わせれば安心ですよね。しかし、1つだけ気になることがあります。

それは、iPhone 7から物理ボタンではなくセンサー式のホームボタンになったことです。(*2)これは、指やタッチペンなどが触れると発生する、微弱な電流を通じて反応する仕組み。

iPhone 7とiPhone 6sのホームボタンは一見すると同じ形。ですが、全く異なる方式のボタンなので、防水ポーチを使ってもきちんと反応するのでしょうか。検証してみました。

iPhone7(アイフォン7)とiPhone 6(アイフォン6)の下半分を横に比べた写真


*2 参考
iPhone 7の致命的な弱点

防水ポーチ越しでもホームボタンは反応するのか?

iPhone 7がポーチに入っても、ホームボタンが反応しなければ使えないですよね…。

そこで、3つの防水ポーチで検証してみました。

  • Jelly Fish S Plus(写真:右)
  • bikit 防水ポーチ(写真:中央)
  • A+ 防水ポーチ(写真:左)

防水ポーチを3つ横に並べた写真


Jelly Fish S Plus

まずは、スタンド機能付きの防水ポーチの『Jelly Fish S Plus』。

iPhone 7を中に入れ、ホームボタンを押してみたところ…反応しませんでした。

防水ポーチ「Jelly Fish S Plus」にiPhone 7(アイフォン7)を入れてホームボタンを押せるか試している写真


bikit 防水ポーチ

そして、次が『bikit 防水ポーチ』。こちらも、Jelly Fish S Plus同様に反応しません。

しかし、何回かに1度、不規則に反応することがありました。不規則なので、iPhone 7を入れた時の実用性は保証できません。

防水ポーチ「bikit 防水ポーチ」にiPhone 7(アイフォン7)を入れてホームボタンを押せるか試している写真


A+ 防水ポーチ

iPhone 7では防水ポーチが使えないのかと思った矢先、『A+ 防水ポーチ』はまさかの結果がでました。

なんと指で軽く押しただけで、しっかりと反応したのです。そして、bikitのような不規則さはなく、実用性も十分。

この3種の防水ポーチを比較してわかったのが、ポーチの厚みです。Jelly Fish S Plusは厚みがあり、A+ 防水ポーチは薄くしなやか。薄いほど指先の微弱な電流が通りやすくなるのでしょう。

防水ポーチ「A+ 防水ポーチ」にiPhone 7(アイフォン7)を入れてホームボタンを押せるか試している写真


iPhone 7で防水ポーチを使うなら、断然『A+ 防水ポーチ』がおすすめです。

『A+ 防水ポーチ』の詳細はこちら
A+ 防水ポーチ

動画でもチェック

最後に、防水ポーチ3種の反応の違いを動画でもチェックしてみましょう。

結果はこちら。

ケース ホームボタンの反応
Jelly Fish S Plus ×
bikit 防水ポーチ △(不規則)
A+ 防水ポーチ

AppBank Storeのアプリもチェック

ケースや保護フィルムなどiPhoneアクセサリを探すなら、ぜひAppBank Storeアプリからもチェックしてみてくださいね!

AppBank Store ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 5.5 MB
・バージョン: 1.7.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!