32GBのiPhone 7は遅い? 容量で異なる○○の速度

2016-0916_iPhone7 - 8


iPhone 7』・『iPhone 7 Plus』のストレージ(容量)によって、データを読み書きする速度に違いがあることがベンチマークで判明しました。

3つのベンチマーク結果

ウェブサイト『GSMArena blog』は、iPhoneの性能を数値化するベンチマークアプリを使ったり、テストを行ったりしてデータの読み書き速度を計測しました。

テストに使われたiPhoneは以下のとおりです。

  • iPhone 6s Plus(64GB)
  • iPhone 7(128GB)
  • iPhone 7 Plus(32GB)

行われたテストは以下のとおりです。

  • アプリ『Basemark OS II Free』によるテスト
  • アプリ『PerformanceTest Mobile』によるテスト
  • 4K動画を写真アプリで分割保存する際の所要時間を計測

いずれのテストでも32GBのiPhone 7 Plusに比べ、64GBの『iPhone 6s Plus』と128GBのiPhone 7の方が読み書き速度が速い結果となりました。

唯一の例外は『PerformanceTest Mobile』を使った読み込み速度のテストで、32GBのiPhone 7 Plusと64GBのiPhone 6s Plusは同等の結果だったそうです。

AppBankのテスト結果

GSMArena blogは、今回のテストはそれぞれ1台ずつしかテストしていないため、個体差である可能性も指摘しています。

しかし、iPhone 7の発売日にAppBankが行った、データの読み書き速度を比べるテストでも同様の結果でした。

iPhone 7は128GB、iPhone 7 Plusは32GBモデルです。

iPhone 7


iPhone 6/6sにも同様の傾向

さらに2015年に行ったテストでは、iPhone 5s・iPhone 6/6 Plus・iPhone 6s/6s Plusでも容量が大きいモデルはストレージの性能が高いことを示す結果が出ています。

iPhone 6s


このときに使用したiPhoneの容量は以下のとおりです。

  • iPhone 6s:16GB
  • iPhone 6s Plus:64GB
  • iPhone 6:128GB
  • iPhone 6 Plus:16GB
  • iPhone 5s:32GB

容量と読み書き速度の関係

容量の大きいiPhoneの方が読み書きの速度が速い理由は分かっていません。

容量によってiPhoneのストレージを担う部品を供給する業者に違いがあり、そのために速度差が発生している可能性があります。

『iPhone 6』の発表前にも同様の噂がありました。
【iPhone 6の噂】容量は16GB・64GB・128GB? チップ調達元の情報も流出か。

問題は大容量のデータを扱う以外の場面で体感できる違いがあるのか、という点ですが、現時点で明確にはなっていません。

参考

Report: The 32GB iPhone 7 Plus uses a much slower storage, our tests show – GSMArena blog

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!