【iPhone 6の噂】容量は16GB・64GB・128GB? チップ調達元の情報も流出か。

iPhone 6 の容量と、チップを生産するメーカーの情報が流出したようです。

iPhone 6


(画像:G 4 Games)

ニュースサイト『G 4 Games』によると、iPhone 修理業者『GeekBar』が iPhone 6 のストレージに関する情報を入手しました。

iPhone 6 のストレージとなる、NAND チップ周辺の設計図とされるものには、128GB の登場を示す型番らしきものが見つかっています。さらに部品リストには、16GB・64GB・128GB の NAND チップを各メーカーから調達することが記されています。

128GBモデルが登場か

部品リストによると、16GB チップは東芝と Hynix、64GB チップは東芝・Hynix・SanDisk、128GB チップは東芝から調達するようです。

iPhone 6


(画像:G 4 Games)

64GB チップは3つのメーカーから調達することになり、その数量は多いことが予想されます。このリストが本物であれば、Apple は 64GB モデルが一番売れると見込んでいるのかもしれません。

32GBモデルの情報はなし

一方で 32GB モデルに関する情報は、設計図にもリストにもありません。以前紹介した噂では、32GB モデルが iPhone 5s の 16GB モデルと同じ価格になるとされていました。
【iPhone 6の噂】発売日と価格の新情報! 16GBモデルは廃止か?

GeekBar が入手した情報には、4.7インチ版と5.5インチ版 iPhone 6 を区別できる情報も含まれていません。もし、この情報が正しければ、4.7インチ版と5.5インチ版とで容量に関するスペックはまったく変わらない可能性も考えられます。

128GB モデルの噂は何度か登場しており、実際に発表されるのかもしれません。一方、16GB・32GB・64GB モデルについては様々な噂が流れているので、どのようなラインナップになるのかは不透明です。続報に期待しましょう!

参考

Leaked iPhone 6 Schematic Confirms 128GB Version, 32GB Goes MIA – G 4 Games

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!