「iPhoneで表計算」なら○○しかない!

Google スプレッドシート


© Google Inc. 以下同じ

表計算が移動中や出先で、しかもiPhoneで出来れば便利ですよね。

複雑な処理は無理でも、データ入力・関数を使った処理・グラフ化なら簡単にできます!

オススメは『Google スプレッドシート』

Googleが提供している無料アプリ『Google スプレッドシート』を使いましょう。

Google スプレッドシート


基本的な表計算が一通り行えるだけでなく、クラウドストレージ『Google ドライブ』と連携。PCのブラウザで作業を引き継いだり、ファイルを共有したりできます。

Google ドライブについてのページはこちら。
無料クラウドストレージは○○がオススメな理由

クラウドストレージは圏外が心配ですが、Google スプレッドシートは最近編集したシートをiPhoneにダウンロードするので心配ありません。

Google スプレッドシートの使い方

基本的な操作はPCの表計算ソフトと同じですが、中でも分かりづらいと思われる機能の使い方をご紹介します。

連続するデータを作成する「自動入力」

たとえば1月1日・1月2日・1月3日のように、連続するデータを表に入力したいときに使うのが「自動入力」です。

まず最初に元になるデータを入力します。日付ならたとえば「1月1日」です。

次にデータを入力したセルをタップ。上下にある●をタップし、連続するデータを入力したい範囲を選択します。

Google スプレッドシート


選択した範囲の真ん中をタップすると、メニューが現れます。【自動入力】をタップしましょう。

Google スプレッドシート


現れたメニューに【自動入力】が見当たらないときは、左右にある三角形のボタンをタップしてメニューを切り替えましょう。

これで選択した範囲に連続するデータが入力されます。

Google スプレッドシート


関数の使い方

セルを選択して【fx】ボタンをタップします。

Google スプレッドシート


Google スプレッドシート
目的の関数をリストから探したり、画面右上の虫眼鏡ボタンをタップしてキーワード検索したりできます。


もちろん【=】ボタンをタップして手動で入力することもできます。

Google スプレッドシート


グラフをつくる

グラフの元になるデータを選択して、画面右上にある【・・・】をタップ。

Google スプレッドシート


【データ探索】をタップします。

Google スプレッドシート


Google スプレッドシート
選択範囲の中のデータをもとにグラフが作成されます。


グラフを表に追加するときは、画面右上のボタンをタップ。

Google スプレッドシート


iPhoneからはグラフの配色やデザインなどは変更できません。PCのブラウザからファイルを開いた際には変更できます。

並べ替えとフィルタ

並べ替え・フィルタを適用したい範囲を選択して、画面右上の【・・・】→【フィルタを作成】をタップします。

Google スプレッドシート


ヘッダーとなるセルに並べ替え・フィルタ機能が追加されます。セルの右端にあるボタンをタップすると・・・

Google スプレッドシート


並べ替えたり、フィルタを設定したりできます。

Google スプレッドシート


PCの表計算ソフトやブラウザ版のGoogle スプレッドシートには敵いませんが、下書きをつくったり、データを入力したりするのにはピッタリです。ぜひお試しください。

Google スプレッドシート ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 231.9 MB
・バージョン: 1.2016.38204
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!