iPhoneが熱くなったらどうすべき?

「iPhone 7」と「iPhone 6s」の違いを比較


iPhoneが熱くなったときにどうするべきなのか、その対処法をご紹介します。

iPhoneが熱くなったらケースを外す

iPhoneは内部の熱をボディの表面から逃がすように設計されています。

ケースの素材や設計によってはうまく放熱できないことがあるので、iPhoneが熱いと感じたときには念のためにケースを外しましょう。

iPhoneの温度が一定以上になると、「高温注意」という画面に切り替わります。この画面が表示されていなければ問題はありません。

もし表示されたときはケースを外し、電源を切って放置して冷ましましょう。

どんな時にiPhoneは熱くなる?

iPhoneが熱くなることが多いのは以下の状況です。

  • iPhoneを充電しているとき
  • 高負荷のアプリを使っているとき
  • 写真アプリでメモリー機能などのスキャンが行われているとき
  • バックアップを行なっているとき

暖房器具・直射日光に注意

iPhoneが設計の限度以上に熱を持つと、回路やバッテリーが損傷します。最悪の場合、発火や爆発の原因になりうるので注意してください。

iPhoneを直射日光のもとに放置しないようにしましょう。車内での放置も危険です。

これからの季節、特に注意したいのが暖房器具。たとえばポケットに入れたまま熱風を浴びると、iPhoneが熱を持ち過ぎてしまうことがあります。

参考

リクエスト募集中!

AppBankでは、読者の皆さんからの記事ネタを募集しています。
お名前(ペンネーム可)を入力の上、AppBankのライターに書いて欲しい記事ネタを記入し【送信】ボタンを押して、記事リクエストを送ってください。

投稿はこちらから


リクエストページを別ウィンドウで開く

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.3 MB
・バージョン: 1.1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!