酉年なのでニワトリが出てくるゲーム集めてみた

toridoshi_matome - 1


2017年、今年の十二支は「」。これで「とり」と読みます。
とりはとりでもニワトリのことを指していて、「鳥」とはまた別物なのです。

この記事では、ニワトリを主役に据えたゲームをまとめてみました。
とはいえ、ニワトリだけじゃちょっと物足りなかったのでそれ以外の鳥ゲームもあります。

酉年らしくニワトリのゲームで遊んでみよう!

Drop The Chicken 2

Drop The Chicken 2』は、ギミックを使ってニワトリをスタート地点からゴールへ運ぶパズルゲーム。
ニワトリがスタート地点から落ちてくるので、飛んだり跳ねたりするギミックを動かしてルートを作りゴールまで運んであげましょう。

toridoshi_matome - 2


© Jesse Kuronen

Egg, Inc.

Egg, Inc.』は、ニワトリをタップで増やし、養鶏場を大きくしていくクッキークリッカー系のタップゲーム。
ニワトリを増やし、卵を産んで稼いでいきます。稼いだお金で養鶏場を大きくしていき、もっと多くの卵を産んで大金を稼ぎましょう。

toridoshi_matome - 3
toridoshi_matome - 4


© 2015 Auxbrain, Inc.

にわとり大脱走

にわとり大脱走』は、障害物を避けてどこまで逃げられるかハイスコアを競うランゲーム。
スタミナゲージが用意されていて、走ったり飛んだりするとゲージが減っていきます。道中のアイテムを拾って回復しつつ、前後から襲ってくる敵を避けましょう。

toridoshi_matome - 5


© Ast Media LLC.

クロッシーロード

上下左右のフリックでキャラを動かし、障害物を避けながらどこまで進めるか競う『クロッシーロード』。
中毒者が続出し、世界中で大ヒットを飛ばしました。
正確にはニワトリがメインではありませんが、アイコンや最初に動かすキャラがニワトリなので今回選出しました。

toridoshi_matome - 6
toridoshi_matome - 7


© 2014 Hipster Whale Pty Ltd

ニワトリじゃないけど・・・

ニワトリだけ!というのもなんだか寂しいので、ニワトリ以外の鳥メインのゲームも紹介します!

GUNTAI

GUNTAI』は、端末を動かして鳥の群れを操り制限時間内にどこまで進めるかを競うランゲーム。
単体ではなく群れを動かす感覚が面白く、障害物を上手く避けられたときは爽快感があります。
システムの理解や操作の慣れなどに少し時間はかかりますが、思い通り動かせるようになるとかなり楽しめますよ。
今回は無料版のリンクを貼っていますが、気に入った人は有料版もぜひ。

toridoshi_matome - 8


© 2016 tha ltd.

アングリーバード 2 (Angry Birds 2)

鳥を引っ張って飛ばし、建てものにぶつけてブタを倒していく物理パズル『アングリーバード 2 (Angry Birds 2)
スマホで「鳥」と言ったらこれは外せないでしょう。
色々と外伝が出ていますが、一番新しいパズルゲームはこの「2」になります。

toridoshi_matome - 9
toridoshi_matome - 10


© 2016 Rovio

2017年の始まり、干支にちなんだゲームで遊んでみてはいかがですか?

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!