iPhoneがWi-Fiから乗っ取られる弱点を『iOS 10.3.3』は修正済み

iPhoneがWi-Fiから乗っ取られる弱点を『iOS 10.3.3』は修正済み


『iOS 10.3.3』では多数の不具合が修正されましたが、中でも影響が大きいと考えられていた問題「Broadpwn」も修正済みです。

Wi-FiチップからiPhoneを乗っ取る

その手法はまだ不明ですが、『iPhone 5』以降・第4世代iPad以降のデバイスと第6世代iPod touchに搭載されているWi-Fi制御チップの弱点を突くことで、iPhone・iPad・iPod touchで任意の命令を実行できるとする研究結果が発表されています。

この弱点がBroadcom製Wi-Fiチップの一部に存在することから、「Broadpwn」と呼ばれています。

第3者が任意の命令を勝手に実行できるようになれば、最悪の場合はiPhoneを乗っ取ることも可能です。しかも、今回の問題を悪用すれば、攻撃者がターゲットのiPhoneに触れることなく、離れた場所から攻撃できるとされています。

対策:iOS 10.3.3にアップデートしよう

この問題の詳細は後日公表される予定です。したがって『iOS 10.3.2』以前を使っている場合、この問題を悪用した攻撃を受ける可能性があります。

被害に遭わないためにも、修正済みのiOS 10.3.3にアップデートしましょう。

アップデートの方法はこちら。
『iOS 10.3.3』正式リリース、iOS 10の最終バージョンか

iOS 10.3.3のそのほかの変更点はこちら。
『iOS 10.3.3』の気になる変更点まとめ

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 110.4 MB
・バージョン: 1.1.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!