LINEカメラの美肌補正を解説! 【今日は何の日】

linecamera_hosei_1112 - 1


今日11月12日は「いい皮膚の日」です。

不意に撮った写真や、みんなで撮った写真などで「自分の顔色わるいなー」「肌荒れ気になるなー」なんて思ったことありませんか?そんなときは、スマホアプリの補正機能でキレイに補正しちゃいましょう!

美肌加工ができるカメラアプリはたくさんありますが、今回は細かな設定ができる『LINEカメラ』の補正機能を紹介します。

しみ? くすみ? 顔色? アプリなら一瞬でキレイに補正できちゃいますよ。

LINEカメラの補正機能

LINEカメラ』は写真の補正だけじゃなく、コラージュや落書きもできる便利アプリ。フィルターや無料素材もたくさん配信されているのでバリエーションも豊富なのが特長です。

今回は補正をしたいので、アプリの【アルバム】から補正したい写真を選びましょう。

選んだら、左下にあるうさぎマークをタップして肌補正モードに切り替えます。

linecamera_hosei_1112 - 2


肌補正モードにすると、すでに自然な補正がかかった状態になります。

【肌】の項目では「明るさ」と「なめらかさ」を調整できます。スクロールバーで補正強度を細かく選べますよ。

linecamera_hosei_1112 - 3


スキンケア

次に便利なのが【スキンケア】の項目。ここでは「ニキビ」と「クマ」の補正ができます。

細かな作業になるので、写真を拡大して作業するとしやすいですよ。

linecamera_hosei_1112 - 4


「ニキビ」の補正では、ホクロやしみを消すのにも役立ちます。ちょんっとタップすればその部分がボヤけて周りの色と馴染むようになります。気になるニキビ、しみ、そばかすなどはどんどんタップして消してしまいましょう。

linecamera_hosei_1112 - 5


「クマ」の補正では選択した部分がワントーン明るくなります。

気になる部分を指でなぞって選択しましょう。画面の左上に拡大画像が表示されるので、今どこを選択しているかわかりやすいですよ。

linecamera_hosei_1112 - 6


色調

肌をなめらかにして、気になる部分の補正が済んだら【色調】で全体の色味を調整します。

「カラー」のバーを右にずらせば暖かい印象に、左だとクールな印象の色合いになります。部屋の電気の色や天気などによって調整しましょう。

「彩度」や「コントラスト」の調整もできるので色々いじってベストな色を探してくださいね。

linecamera_hosei_1112 - 7


『LINEカメラ』では肌補正だけじゃなく顔のパーツ補正も可能。【目】の項目では「目の拡大」と「左右の強度」が調整できます。

「目の拡大」ではバーを右にすればするほど目が大きくなります。「左右の強度」は片目だけ大きくできます。疲れていて片目だけ一重になってしまったときに便利!

うまく拡大されない時は、写真の左下にある顔のマークをタップして各パーツが正しく認識されているか確認しましょう。ズレていてたら動かして正しい位置に調整できます。

linecamera_hosei_1112 - 8


【顔】の項目では、顔の輪郭を調整できます。「スリム」のバーを右に動かせばアゴラインがスッキリ。

バーの右にある顔アイコンで調整したいパーツを選ぶことができます。緑になっている部分が調整されますよ。

linecamera_hosei_1112 - 9


さらに加工しよう

肌や顔パーツの調整が終わったら画面右下のチェックマークをタップして補正を確定しましょう。

すると、フィルターやフレームなどが選べる通常モードに切り替わります。フィルターやフレームスタンプなどを使ってどんどん盛れば完成!

こちらがビフォーアフターです。『LINEカメラ』だけで加工した盛れ具合どうですかね? もう、誰の自撮りも信じられなくなるくらい盛れてますよね(笑)

linecamera_hosei_1112 - 11


LINEカメラ』は、肌や顔パーツの調整が細かく設定できるので、ちょっと気になる部分を隠したいときに活躍すること間違いなし。もちろん全力で盛ることもできます。

フィルターやフレーム、落書きなどの機能も豊富なので、自撮りだけじゃなく風景写真や集合写真の加工も余裕でできます。まだ使ったことない人はぜひ一度使ってみてくださいね。

LINE Camera - 写真編集 & オシャレ加工 ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 90.6 MB
・バージョン: 14.2.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!