「iPhone X Plus」はiPadのように2アプリ同時利用も可能?


2018年秋に発表と噂される6.5インチ画面を搭載した通称「iPhone X Plus」は、iPadのように2つのアプリを同時に利用できるかもしれません。

iPhoneがSplit Viewに対応?

ウェブサイト『Bloomberg』が関係者の話を元に、今秋に発表されるiPhoneの詳細を報じています。

その記事によると以前からの噂通り、以下のiPhoneが発表される見込みです。

  1. 5.8インチの有機EL画面を搭載したiPhone
  2. 6.5インチの有機EL画面を搭載したiPhone
  3. サイズ不明の安価なiPhone

(1)が『iPhone X』の後継モデルで、(2)がその「Plus」版に当たると考えられています。(3)は6.1インチの液晶を搭載するようです。

iPadのように、対応アプリを2つ並べて同時に利用できる「Split View」が使えるようになるとされているのが、6.5インチiPhoneです。画面サイズで比較するとiPhone史上最大になります。


画像はiPadのものです。

画面解像度は2,688×1,242pxとされており、iPhone Xの2,436×1,125pxよりも向上。ピクセル数だけを比較すると、7.9インチ画面を搭載する『iPad mini 4』の2,048×1,536pxよりも値は高くなります。

したがって表示できる情報量で言えばiPad mini以上ですが、画面サイズは6.5インチとiPad miniよりも1.4インチ小さいので、見やすい・操作しやすいかは分かりません。

なお、6.5インチiPhoneの本体サイズは『iPhone 8 Plus』相当と噂されており、Bloombergの今回の記事でも同様に報じられています。

Bloombergは計画はまだ変更される可能性があるという関係者の証言も取り上げているため、秋の正式発表までに仕様が変更される可能性は残っています。

参考

Apple Plans Giant High-End iPhone, Lower-Priced Model – Bloomberg

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!