見よ、このクズっぷりを! 勇者がクズすぎるバカゲーをプレイレビュー

ちょっとした時間に楽しめるRPG『謎のクソゲー短編集どすえ』のレビューをお届けします。数々の名作クソゲーを世に送り出してきた開発者の短編物語が楽しめるRPGコレクションをみんなで楽しもう。(文:ニュー侍)

期待を裏切らないストーリー展開!


本作はクソゲー短編集ということで、「クソゲーなんてやりたくない!」って人もいるかもしれませんが、クソゲーというよりかはバカゲーって感じで楽しめるゲームとなっています。物語はたくさんありますが、ご紹介するのはこちら。


「勇者が人間のクズすぎてクソゲー」という物語です。物語の内容はタイトルの通りすぎてですね、こんな勇者がいていいのか……という感じでございます。それではクソゲースタート!


タイトルコール! この微妙に飾った感のあるタイトル画面がクソゲーっぽさをより引き立てています。RPGのタイトルで「クソゲー」って入っているのがね。(笑)

ゲームが始まると王様に「おー、勇者よ!」って言われる王道物語が展開されます。ボスを倒して参れという感じですね。でも、このゲーム何かがおかしいのです。勇者はただでは動かないらしい……。



見よ、この勇者のクズっぷりを! 王様にお金をたかっているんですよ。かつて、このような勇者がいただろうか……。勇者と言えば英雄なのに……。「こんな勇者は嫌だ!」って叫びたい。


まあ、勇者だから世界平和のためにさっそく冒険するよな……っと思ったら、この勇者め、寝やがる……。お前は本当に勇者なのかね。


寝るだけなら勇者だから休みを取ることだって必要ってのはわかるのだが、ちょっ、勇者様がさすがにこんなことをしてはいけませんぞ!

なんで人の弁当を勝手に食べるんだーーー! 王様からいっぱいお金もらっただろうが!

ほ、本当にあなたは勇者なのですか!?


さて、そんな本作ですがしっかりとフィールドマップはあります。見よ、この一本道を! 短編なのでサクッと遊べるように考えられたマップですね。


もちろん、RPGなのでバトルも。しかし、この敵は戦う気があるのかないのか……。果たして勇者は世界に平和をもたらすことができるのでしょうか。


ちなみに勇者の名前は「クズ」だってことを紹介するの忘れてました。すみませんでした!

愛すべきバカゲーRPGだった!

王道RPGを楽しみたいのであれば、本作はおすすめできないのですが、とにかく笑いたい、楽しみたいという人であれば遊んでほしいです。

とにかくひとつひとつのメッセージがおもしろすぎて、「こんなのありかよ!」って感じで楽しめます。さすがはクソゲーをたくさんリリースしてきただけあるぜ!

ちょっとした時間におもしろおかしい冒険を遊んでみてくださいね!

謎のクソゲー短編集どすえ ・販売元: Satoru Higuchi
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 61.2 MB
・バージョン: 1.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© NukadukeParipiMan

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!