Appleシリコン搭載独自Mac発表!「WWDC 2020」リアルタイム更新ページ(更新終了)

日本時間6月23日午前2時から始まる「WWDC 2020」で発表された内容を、画像と一緒にお届けします。

「WWDC 2020」では何が発表される?


このページでは、「WWDC 2020」で紹介された内容をテキストと画像でリアルタイムにお届けします。

WWDC スペシャルイベント:のんびり実況配信

AppBankではバイヤー楯さんによる実況配信も予定しています。

記事より先に動画、という人はこちらをどうぞ。

WWDCの放送内容

WWDCの放送が始まりました。


ティム・クックCEOの挨拶


今回はOSの話が行われるようです。


ios14について


今年はiosの見直しを実施。ウィジェット化?


アプリを自動で整理するapp library


ホーム画面の不要なページをライブラリ化


最新のアプリなどカテゴリ化


ウィジェト化の新たなデザイン。


ウィジェットをホーム画面に追加可能。


時間帯によってもカスタマイズ可能。


picture in picture機能。動画見るのがはかどりそう。


siriも変更。通知タイプのデザインに。



siriの翻訳言語の種類追加。


11言語


オフライン翻訳も。セキュリティばっちり。


左右表示でわかりやすく。


memoji。ハグ、グータッチ、照れのステッカー追加


imessageのグループ会話にメンション機能追加



mapのナビゲーションを改良。さらに詳しい情報も(アメリカのみの可能)


guide機能の追加


二酸化炭素を排出しない移動手段を提供。自転車ルート


標高値を追加。平坦な道やアップダウンの道などを選べる。


提供地域。ほかは今後追加予定。


EVカーのために充電スポットも表示。


carplayの改善。デジタルkey機能の追加。2021年BMW5に搭載。


そのときに必要なアプリのダウンロードや利用ができるapp clip機能。


さまざまな状況に対応。コードスキャンでapp clip起動。



ipad osの話。ipad os14。


サイドバー機能がさまざまなアプリに追加。




apple musicは再生中に歌詞も表示可能。


siriが右下に


着信画面もデザイン変更。上部にのみ表示。


検索画面も上部に。アプリを利用しながらの検索も可能に。


apple pencil。scribble機能。書いた文字をテキストに変換。


図形も整形。



ダブルタップで文字だけを選択。色の変更も可能


テキストフィールドに手書き入力可能


英語と中国語を判別可能。


テキストに変換してのコピペも。


airpods。再生端末を自動で認識してシームレスに切り替え。



spatial audio。立体音響の再生に対応。5.1 ch、7.1 ch、dolby atmos。


加速度センサーとジャイロスコープで頭やipadを動かしても音の方向をサポート。


apple watch。コンプリケーションの強化。好きな文字盤を作れる。


watch os 7。face sharing機能。文字盤のデザインをシェア。


ワークアウトにダンス追加。


アクティビティはフィットネスに。


睡眠モード機能。



iphoneも落ち着いた画面に。


睡眠トラッキングも。


手洗いカウントダウン。


air playがiphoneから直接テレビに共有できるように。


homekitの改善。明かりの管理。


homekitカメラでセキュリティも向上。apple tvで視聴も



apple tv originalの新作。foundation。SF


macOS Big Sur


奥行きシェードデザインに。



すべてのアイコンを見直し。


アプリ上で拡大、縮小も。



右側にコントロールセンターと通知。


ウィジェトも。


メッセージアプリで写真の共有がかんたんに。memojiもその場で作れる。


マップが新しく。デザイン変更。


お気に入りの追加。ガイドの作成も。


待ち合わせ場所への友人の到着時間推測も。


mac catalyst。解像度にあわせてアプリの最適化可能。


mapもcatalystを利用


safariにExtension(拡張機能)を追加。ストアも。


自動翻訳機能。


macに大きな変更。appleシリコンの搭載。


省エネチップ。


gpu搭載。


iphone、ipad、mac統一SoCでアプリ開発がかんたんに。


xcodeから再コンパイルするだけで新macに最適化。


msやadobeはすでにアプリ開発中。



rosetta2搭載。旧intel製macアプリを新macでも使えるように。


仮想化も。


iphone、ipadアプリがmac上で直接動作。ストアも登場。


Quick Start Program。A12Z搭載の開発者キットの提供開始。


新macは年末発表。2年かけて移行予定。intel macもずっとサポート。


紹介してきた新osはこの秋にリリース予定。


wwdcの発表が終了しました。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!