『iPadOS 14』発表! 手書きメモのテキスト化、通知デザインのコンパクト化、サイドバーの再設計など

Appleが『iPadOS 14』で追加される新機能を発表しました。

『iPadOS 14』で追加される新機能とは?


Appleは、6月23日に開催した「WWDC20」にて『iPad』用の新しいOS『iPadOS 14』を発表しました。

『Apple Pencil』を使った手書きメモを便利にする機能や、電話やメッセージなどの通知デザインのコンパクト化、サイドバーの再設計など、『iPad』の大画面を活かした設計が追加されています。

1.手書きメモの再編集がかんたんになる「Scribble」

『iPadOS 14』では、『Apple Pencil』を使った手書きメモが再編集しやすいようになります。

たとえば手書きの文章を自動でテキスト化したり、そのテキストを選択して色や大きさを変えたり、テキスト化した手書き文章をコピペしたりできます。


また、手書きの図形もどのような図形を書きたかったのかを認識して自動できれいにしてくれます。



さらにテキストフィールドに手書きで書き込み、検索することもできます。


手書き文章をサポートする言語は英語と中国語です。

2.通知や検索が作業の邪魔をしないようにコンパクト化

『iPadOS 14』では、これまで全画面を使っていた通知や検索のデザインがコンパクトになりました。



これにより作業の邪魔をすることなく、通話や調べ物ができるようになります。

3.『Siri』も右下に移動

同じく『Siri』も右下に移動し、コンパクト化されます。


4.サイドバーの再設計でファイル操作が便利に

『iPadOS 14』では、写真、ファイル、メモ、カレンダー、アップルミュージックなどのアプリのサイドバーデザインが再設計されました。



ファイルへのアクセスや操作が便利になります。

5.ウィジェットをホーム画面に追加可能

『iPadOS 14』ではよく使うウィジェットをホーム画面に固定できます。


この機能は『iOS 14』でも提供されます。

6.マップアプリに自転車モードやガイドが追加

マップアプリのルート案内に自転車モードが追加されます。

また、専門家によるガイドを見ることもできます。


この機能は『iOS 14』でも提供されます。

7.ホームアプリがコントロールセンターに追加

ホームアプリを使ったIoT家電の操作がコントロールセンターに追加されます。


8.メッセージアプリの強化

グループメッセージ時に特定の会話に返信したり、写真を設定できたりとメッセージアプリが強化されています。


この機能は『iOS 14』でも提供されます。

9.プライバシー管理機能を拡張

アプリごとに利用するプライバシー情報を管理する機能が拡張されました。


『Safari』ではWebサイトが利用しているトラッキング情報なども確認できます。

10.開発者にARKit 4を提供

ARKit 4では、LiDARスキャナを使った深度情報が開発者に提供されます。これにより新たなARアプリが作成可能になります。


この機能は『iOS 14』でも提供されますが、『iPhone』にはLiDARスキャナがないため搭載した新モデルが発売されるまで『iOS 14』では利用できないと思われます。

『iPadOS 14』でサポートされる『iPad』シリーズ

  • iPad Pro 12.9-inch (4th generation)
  • iPad Pro 11-inch (2nd generation)
  • iPad Pro 12.9-inch (3rd generation)
  • iPad Pro 11-inch (1st generation)
  • iPad Pro 12.9-inch (2nd generation)
  • iPad Pro 12.9-inch (1st generation)
  • iPad Pro 10.5-inch
  • iPad Pro 9.7-inch
  • iPad (7th generation)
  • iPad (6th generation)
  • iPad (5th generation)
  • iPad mini (5th generation)
  • iPad mini 4
  • iPad Air (3rd generation)
  • iPad Air 2

『iPadOS 14』は2020年秋にリリース予定です。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!