【実機レビュー】Ankerの人気プロジェクター「Nebula Capsule」2機種、描写力の違いはどれほど?

Ankerといえばモバイルバッテリーのイメージが強いですが、オーディオ系商品にも力を入れているのはご存知ですか?有名なのは、sound coreブランドのイヤホンですが、モバイルプロジェクター「Nebula Capsule」も人気なのです!

今回はAnker社より、「Nebula Capsule」と「Nebula Capsule Ⅱ」をお借りできたので、2機種の描写力を比べてみましたよ!

Nebula Capsuleの外観チェック!


まずは外観を比べて行きましょう。右が「Nebula Capsule」、左が「Nebula Capsule Ⅱ」です。

前面から見ると、Nebula Capsulの方がだいぶコンパクトな印象。


背面です。ポート類もNebula Capsul ⅡはType-Cでの充電になるなど、正当進化しています。


主なスペック比較

Nebula Capsule Nebula Capsule Ⅱ
OS Android 7.1 Android TV 9.0
解像度 854 x 480 画素 1280 x 720 画素
輝度 100 ANSI ルーメン 200 ANSI ルーメン
動画再生時間 約4時間 約3時間
価格 39,999円 59,800円

Nebula Capsul Ⅱは明るさが2倍の200ANSIルーメン、解像度が1.5倍の720Pに進化。本体サイズも大きくなっていますが、動画再生時間としては全モデルNebula Capsulの方が約1時間長く使える点がメリットですね。


自宅でプラネタリウムを!

せっかくなので?自宅の天井にプラネタリウムの動画を流して、癒やされたい!

まずは、前モデルのNebula Capsulを接続。Wi-Fi設定は問題ありませんが、YouTubeで検索しようとすると、英字入力しか対応していないので、その点がちょっと不便です。


こちらはNebula Capsul Ⅱです。ホーム画面ですでに画質の違いが歴然!Nebula Capsulは文字がぼんやりしていて、細かい文字が見にくかったのですが、Nebula Capsul Ⅱはほんとにくっきり!


同じプラネタリウムの動画で、東京タワーが写っている場所を拡大してみました。

▼元の映像



▼拡大映像


Nebula Capsulは東京タワーの形はわかりますが、光が飛んでいて、細かいディテールまでは映っていません。

対してNebula Capsul Ⅱの描写力はさすがの一言。

▼元の画像



▼拡大画像


輪郭がはっきりしているだけでなく、展望台の場所がわかるほどきれいに映っていますね!

実際に試してみる前は、2万円も価格差があるんだったらNebula Capsulで十分では、と思っていたのですが、試してみてその考えは完全に覆されました。2万円の差でこんなに大きく性能がいいなら、断然Nebula Capsul Ⅱが欲しい!このきれいな映像で、映画を見たら自分だけの映画館気分が存分に味わえますよ!

おうち時間を充実させてくれるプロジェクター、気になる方はぜひチェックしてみてください!

▼Nebula Capsulの詳細はこちら
Anker Nebula Capsule II
Anker Nebula Capsule

Amazon ショッピングアプリ ・販売元: AMZN Mobile LLC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 114.6 MB
・バージョン: 15.7.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!