アプリが応答しなくなる問題やキーボード表示の不具合を修正する『iPadOS 13.6』リリース!

Appleが最新iOS『iPadOS 13.6』の配信を開始しました。

バグ修正や改善がメインの『iPadOS 13.6』


AppleはiPad向けの最新iOS『iPadOS 13.6』を7月16日に配信しました。

『iPadOS 13.6』では、iCloudとのデータの同期中にアプリが応答しなくなることがある問題や、日本語のハードウェアキーボードが英語キーボードとしてマッピングされてしまう問題などが修正されています。

『iOS 13.6』では車のデジタルキー対応が行われましたが、『iPadOS』にその機能は搭載されないようです。

『iPadOS 13.6』のリリース内容

バグ修正およびその他の改善

  • Wi-Fiに接続されたときに自動でデバイスにアップデートをダウンロードするかどうかを選択するための新しい設定を追加
  • iCloud Driveからのデータの同期中にAppが応答しなくなることがある問題に対処
  • 特定の他社製ハードウェアキーボードに接続すると、ソフトウェアキーボードが予期せず表示されることがある問題を解決
  • 日本語のハードウェアキーボードが誤って英語(US)キーボードとしてマッピングされることがある問題を修正
  • AssistiveTouchが有効になっているときにコントロールセンターにアクセスした際の安定性に関する問題に対処
  • 常時接続のVPN接続によって送信されるトラフィックから除外するドメインを管理者が指定できるメカニズムを提供
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!