【K30 Ultra超え!?】Realme X7 5G、X7 Pro発表【価格、スペックなど】

OPPOの格安サブブランドRealmeから「Realme X7」「Realme X7 Pro」が発表されました。



「Realme X7」「Realme X7 Pro」の主なスペック。違いはなに?


Realme X7、Realme X7 Proは双方ともMediatek製のSoc「Dimensity」シリーズを搭載。先日発表されたRedmi K30 Ultraに張り合うようなスペックと価格になっています。

Realme X7の主なスペック

詳細なスペックはこちら(中国語)


  • Soc:Mediatek Dimensity 800U
  • OS:Realme UI(Android 10)
  • メモリ(RAM+ROM):8GB(LPDDR4X)+128GB(UFS2.1)
  • リアカメラ解像度:64MP(メイン)+8MP(広角)+2MP(白黒)+2MP(マクロ)
  • インカメラ解像度:32MP
  • バッテリー:4300mAh(65W急速充電)
  • 価格:約2.8万円

SocにはMediatekの格安5G対応チップセット「Dimensity 800U」を搭載。Realme X7が初搭載になります。

性能は明らかではありませんが、噂ではSnapdragon 765GやA12 Bionicに近い性能だといわれています。3万円以下でiPhone XSなみの性能は凄いですね。

ディスプレイには有機EL(AMOLED)を採用しています。画面の滑らかさをしめすリフレッシュレートは一般的な60Hzですが、タッチサンプリングレート(タッチ感度)は180Hzと高めです。

Realme X7 Proの主なスペック

詳細なスペックはこちら(中国語)


  • Soc:Mediatek Dimensity 1000+
  • OS:Realme UI(Android 10)
  • メモリ(RAM+ROM):8GB(LPDDR4X)+128GB/256GB(UFS2.1)
  • リアカメラ解像度:64MP(メイン)+8MP(広角)+2MP(白黒)+2MP(マクロ)
  • インカメラ解像度:32MP
  • バッテリー:4500mAh(65W急速充電)
  • 価格:約3.9万円

SocにはMediatekのフラッグシップの5G対応チップセット「Dimensity 1000+」を搭載。最新Androidの中でもトップレベルの性能です。

Realme X7とX7 Proの違いは?

Realme X7とX7 Proのカメラや充電速度などは同じです。

Socの性能にはかなり差があるので、ヘビー級のゲームなどをする方にはX7 Proがおススメ。リフレッシュレートもX7 Proは2倍です。

また、Realme X7のスピーカーがモノラルなのに対して、X7 Proはステレオスピーカーを搭載しています。3.5mmイヤホンジャックは両機とも非搭載なので、スピーカーは重要です。

価格はX7 Proのほうが約1万円ほど高くなっています。スマホに何を求めるかでどちらを選ぶかは変わってきそうですね。

Redmi K30 Ultraと比較されそうな格安5Gスマホ


Realme X7 ProはRedmi K30 Ultraと同じSoc「Dimensity 1000+」を搭載しており、スペックもかなりK30 Ultraを意識しているように感じます。

K30 Ultraは発売直後1分で10万台が売り切れるほど人気の端末でした。Realme X7 Proも近い価格でK30 Ultraを超える程のスペックになっています。

いまやコスパ最強の二大巨頭ともなっているRedmiとRealme。今後も競争は激しくなっていきそうです。あわよくば、格安スマホを日本でも展開してほしいですね。

<関連記事>
【2万円台】世界最安の5Gスマホ、Realme V5の驚きのスペック【Oppoのサブブランド】

画像はRealme公式サイトから

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!