【タピオカメラ搭載!?】高コスパな「Oppo F17 Pro」発表【価格やスペックなど】

「Oppo F17 Pro」がインドで発表されました。価格は約3.3万円からで、SocにはSnapdragon 710を搭載したミドルレンジスマートフォンです。



Oppo F17 Proの主なスペック

Oppo F17 Proの主なスペック

  • Soc:Mediatek Helio P95
  • OS:Android 10
  • メモリ(RAM+ROM):8GB(LPDDR4X)+128GB(UFS2.1)
  • ディスプレイ:6.43インチAMOLEDディスプレイ(60Hz駆動、2400×1080)
  • リアカメラ解像度:48MP(メイン)+8MP(広角)+2MP(白黒)+2MP(白黒)
  • インカメラ解像度:16MP(メイン)+2MP(深度)
  • バッテリー容量:4015mAh(VOOC4.0)
  • 重さ:164g
  • 価格:

SocにはMediatekのHelio P95を搭載。Antutuスコアは約22万点で、普段使いや軽いゲームでつまることはないでしょう。

ただし5Gには非対応。これはちょっと残念ですね。

Soc以外はかなりよいスペックです。バッテリーも4015mAhと大容量ながら、重さは164gと軽めです。

タピオカカメラ搭載!?な背面のデザイン

高級感のある背面にはクアッドカメラを搭載しています。見た目はiPhone 11シリーズのカメラと少し似ていますね。

また、Oppo F17 Proの特徴ともいえるのがパンチホール型のデュアルインカメラでしょう。16MPと高解像度なカメラを搭載し、さらに深度カメラを利用することで本格的なポートレートの撮影が可能です。

Oppoはインカメラの性能が高く、女性に人気のブランドです。中でもFシリーズは特にカメラに重きを置いており、Oppo F17 Proのインカメラにもその意向が反映されているようですね。

Oppo F17も発表。F17シリーズの日本発売はある?


Oppo F17 Proは9月7日から発売予定です。価格は3.3万円からで、すでにオンラインショップから予約可能です。

なお、価格は未発表ですが、同じタイミングでOppo F17も発表されました。こちらはSocにSnapdragon 662を搭載。パンチホールではなく水滴ノッチを採用しています。

今回はインドでの発表ということで、日本発売は今のところアナウンスされていません。なお、Oppo Fシリーズが日本でリリースされたことはありません。

高性能なカメラを搭載しながら価格は3万円程度と安価なOppo F17 Pro。重量も軽く、女性にもオススメできるスマホです。日本発売される可能性は高くありませんが、もし発売されれば嬉しいですね。

画像はOppoインド公式サイト(英語)より

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!